スポンサードリンク

【神のキック】ベッカムが2試合出場停止となるフリーキックを披露

 

【神のキック】ベッカムが2試合出場停止となるフリーキックを披露

 

アメリカ・メジャーリーグサッカー、LAギャラクシーに所属するデイビッド・ベッカム(37)。欧州の一線から退き、アメリカに渡った際は都落ちとまで揶揄されたが、ピークを過ぎた現在で衰えることを知らず、現役として活躍。その右足から放たれるクロスやプレースキックは残酷なまでに美しいアーチを描き、人々を魅了し続けている。

 

2012年6月末に行われた同リーグ、対サンノゼ・アースクエイクスとの試合でそれは起きた。ロスタイム。スコアは3-4。1点を追いかけるLAギャラクシー。コーナーキックの競り合いで相手選手が倒れ、その場から起き上がろうとしない。見た感じはピンピンしており、逃げ切ろうと露骨な時間稼ぎがアリアリと感じられた。サッカーシーンではよくある光景だ。

 

これにキレたのがベッカムだった。さっさと起きろよといわんばかりに左のサイドラインから倒れこむ選手の下へボールが蹴りこんだのだ。これが見事に的中。先ほどまで倒れていたはずのサム・クローニンはすぐさま起き上がり、「デイビットてめぇー!ベッカムこの野郎!!」と猛抗議。

 

これによりベッカムは2試合出場停止の処分が下されたが、ネット上からはキックの精度は衰えていないようだなと絶賛する声が挙がっているようだ。

 

( 'A`)つい、熱くなっちゃうのは健在のようですね。

 

▼YouTube

 

 

スポンサードリンク