スポンサードリンク

【ワンダーボーイ】元イングランド代表マイケル・オーウェンがマンUを退団

 

【ワンダーボーイ】元イングランド代表マイケル・オーウェンがマンUを退団

 

サッカー元イングランド代表FWマイケル・オーウェン(32)がマンチェスター・ユナイテッドを退団するという。同クラブは契約延長の意向がなく、今後は新天地を求めて移籍先を探すことになりそうだ。なお、引退については否定している。

 

日本代表が初めて開いた世界への扉。キリンカップでは到底味わえないリアルファイトが待ち受けていた98年フランスワールドカップ。ベスト8を賭けて激突するイングランドとアルゼンチン。PKで1点ずつ取り合った因縁深き両国が迎えた後半16分、中央でベッカムからの縦パスに反応したオーウェンはDF2人を自慢の快足でぶっちぎりゴール。ワンダーボーイが誕生した瞬間でもあった。この後シメオネのタイトなマークに耐えかねたベッカムが報復行為により一発退場。一人少なくなり劣勢を強いられたイングランドはPK戦の末、敗れる結果となった。

 

優勝を味わいたい。この想いからレアル・マドリーへと移籍したオーウェン。数シーズン後、彼が見た光景は古巣がミラン相手に土壇場に追い詰められながらも逆境を跳ねのけ、ビッグイヤーを掲げるシーンだった。

 

( 'A`)靭帯を負傷するなどケガに泣かされてからは欧州の第一線から退き、代表に呼ばれても得点パターンに乏しいと批判を浴びるなど、ケガを抱えたスピードスターの晩年は寂しいものでしたね。彼の退団により背番号7は香川の背中に輝くのでしょうか?

 

▼YouTube

 

 

 

スポンサードリンク