夏!新作の水着で海にくり出そう!!

MENU

スポンサードリンク

ビキニ水着に関するFAQ

ビキニ水着に関するFAQ

 

(●´3)ビキニを着るのもひと苦労です。

スポンサードリンク

ビキニ水着に関するFAQ記事一覧

 

毎年、夏休みやお盆休みを利用して、友達や家族と海にお出かけするという人は多いでしょう。それ以外では、全国に点在するプール施設など、屋内外で水に触れられる水のレジャーも人気を呼んでいます。最近では海水プールやウォータースライダーなど、複数の遊泳エリアが用意された大型施設も台頭するなど、大多数のキャパを収納できるという点では、ビーチと比較しても遜色はないと言えそうです。ビーチの主役はいつだってビキニ海...

 
 

他人に指摘されるなんてもってのほかですが、女性は誰しもが自分のボディパーツにコンプレックスを抱いているものでしょうか。人間としてこの世に生を受けたものなら当然の感情かもしれませんが、「どうにかしたい!」と、毎年夏を目標にダイエットに励んでいるという女性も多いことでしょう。お腹周りや二の腕といった贅肉であるなら、シャイプアップあるのみですが、男性を夢中にさせるだけでなく甘美な思いをさせてきたバストと...

 
 

汗をかきやすい夏はのシーズン。朝起きてシャワーを浴びて、外出先から帰宅するたびにシャワーで汗を流し、そして寝る前にもシャワーで身体を清めてと、何かと汗によるベタつきを抑えたいものですが、身に付ける衣服にも気をつけたりしますよね。暑いから薄着、夏場は当然と言えるかもしれませんが、服装によっては中にインナーを着ることにより汗の吸収を促し、快適な着心地をキープ出来たりするものです。それは一般的なお洋服だ...

 
 

スポーツキャスターとして、自慢の脚線美を披露しては、多くの男性ファンの視線を釘付けにしてきた「山岸舞彩」。彼女のニックネームは女子にしては不名誉な「肩さん」。学生時代などに水泳をしていた影響か、彼女は美人でスタイルもいいけど、肩幅がちょっとワイド。それで付いたあだ名が肩さんというわけです。世の中には、肩幅が人よりちょっと大きいがために、着られるファッションに制限がかかってしまったり、いろいろと不便...

 
 

渋谷109に亭々とそびえる109のB2Fに店舗を構えるファッションブランドの「rienda」(リエンダ)。「解き放つ」などを意味するスペイン語が由来となっているようで、何ものにもとらわれない奔放さがコンセプトでしょうか?同ブランドを立ち上げたのは中根麗子さん。エゴイストのカリスマ店員として有名になり、独立後はファッションブランドのプロデューサーとして活躍。「rienda」も人気ブランドとして成長す...

 
 

サンサンと照つける太陽、照り返しがハンパないアスファルトの抵抗。とにもかくにも7月〜8月に突入してしまえば毎日が汗だくの夏でしょうか。オトナたちは、貴重な海の日(3連休!)と、わずかなお盆休みを利用して、クタクタになった羽をこれでもかと、 ビロロロロロ〜ン!と伸ばしたいところですが、子供たちはそんなことお構いなしに元気いっぱい!大型連休メガマックス!な夏休みを満喫中です。

 
 

真夏の空と青い海を満喫したいビーチシーンは、不特定多数の人たちが介在する場所でもあるため、しっかりとした準備をしていかないと、視線が気になってしまいますよね。水着の季節に向けてダイエットに励む女性もいれば、出たとこ勝負のノーガード戦法な女性もおられますが、どんな女性であっても、人前で水着姿を披露するのは、けっこう勇気のいることなんです。特に気になってしまうボディパーツといえば下半身でしょうか。ざっ...

 
 

梅雨も開けたら毎日が日焼け日よりの連続。一部の若い女性は開放的な格好で夏を満喫しているようですが、降り注ぐ紫外線による日焼けやシミを徹底ガード!という女性は、帽子にマスクにサングラス、長袖や日傘の重装備という、独特のスタイルでしょうか。海やプールでこんがりと焼いている女性は多いですけど、真っ黒に日焼けするのはちょっと...という場合は多いですよね。単純に焼きたくない、お肌が弱い、以前、調子に乗って...

 
 

夏になると小学校や中学校では、体育の授業が校庭や体育館などではなく、プールでの授業に切り替わりますが、ひと昔前は学校指定のいわゆる「スクール水着」が制服でしたよね。濃紺をベースにしたデザインで飾り気はなく、泳ぎやすさに特化したものでしょうか。時は流れ、詰め込み教育からゆとり教育になるなど、学校全体のあり方そのものも変遷を遂げていくなか、プールの授業も学校によっては、かなり緩くなってきているようです...

 
 

華の独身時代にピリオドを打った妊娠、そして出産。女性にとっては人生のターニングポイントと言いますか、今後を左右するような非常に大きなイベントではありますが、以前とは体型が変わってしまったり、ひとりの女性からママという立場に切り替わったこともあり、水着選びにも慎重になってしまうこともあるでしょうか。それでも、とにかく明るい真夏のビーチや大型施設であるプールにでも足を運べば、大勢のママたちが水のレジャ...

 
 

ちょっと極端なアイコンかもしれませんが、男は腕時計、女はバッグ、社会に出てある程度お金が稼げるようになると、こういったアクセサリーに対して、段々と知識がついて来たりするものでしょうか。特に女性のカバン好きには呆れるという男性も少なからずいらっしゃるようですが、女子からすれば「バッグは何個あっても困らない」と、皆様、口を揃えるのは同性であれば、誰もがうなずける決まり文句でしょうか。男性陣が理解に苦し...

 
 

日本の夏を堪能し、大自然の恩恵を満喫できる海水浴。青い空、真っ白で雄大な入道雲、寄せては返す紺碧の海、そして7月〜8月は大勢の人が押し寄せるなど、全国の海が活気づく頃合いでしょうか。時を同じくして開催されるフェスになると痴女と輩ばかりが集うようなイメージですが、海は若者を中心に家族連れなど、老若男女が楽しめるフィールドでもあります。そこに私服で行っても良いものか?と、中には黙々と思案に暮れるてしま...

 
 

2016年夏、日本の裏側である南米はブラジルのリオデジャネイロでは、世界中のスポーツマンが集結したオリンピックが開催。俗にいうリオ五輪なわけですが、そのブラジルにちなんだ水着がちょっとした流行の兆しを見せているようです。毎年、流行というものがついて回るのが、水着をはじめとしたレディースファッションの世界ですが、ビキニシーンともなれば保守的というよりは、攻めのデザイン性が注目されるのは世の常というや...

 
 

夏の装いであるビキニ水着。プールや海水浴を楽しむためのマストな1着ですが、最近では海外産のブランド水着が人気を得ているようです。背景には海外セレブの着用、国内でも有名タレントが海外水着を着用した姿をSNSに投稿するなど、インターネットの拡散力が大きく影響を及ぼしているようです。また、各種海外ブランドも通販を利用すれば、日本未上陸のレアアイテムでさえ、比較的容易に入手できるようになったことも考慮でき...

 
 

夏といえば、海やプールといった水のレジャー。サマーバケーションを活用して是非とも開放的なシーズンを心ゆくまで堪能したいところでしょうか。しかし、盗撮魔、迷子、クラゲと、特にビーチは危険がイッパイ!ちょっと気を抜いていると、まさかの珍事件が勃発してしまうこともありますよね。

 
 

海やプールで欠かせないアクティブなエンジョイコンテンツのひとつといえば、子供はもちろんオトナも楽しめる「浮き輪」ですよね。クラゲのように、ただただプカプカと漂うもよし、複数人で箱乗りするもよし、インスタグラムやTwitterに投稿するもよし、と遊び方は無限大でしょうか。今回は注目度の高そうな、デザイン性に富んだ浮き輪ばかりをセレクト。浮き輪選びのインスピレーションを少しでも刺激できれば幸いです。ガ...