夏!新作の水着で海にくり出そう!!

MENU

スポンサードリンク

【モテ水着2017】3パターンの着こなしが可能なオフショルビキニを人気通販で買ってみた!

 

(●´3)気温がグングンとあがると共に、今夏2017年のビキニシーンを彩る最新水着が続々とリリースされておりますが、ドレス通販として知られる「デイジーストア」(dazzy store)が展開するスイムウェアカテゴリ「デイジービーチ」(dazzy beach)のビキニをリサーチしてみました。今回は海水浴やプールサイドで、きらりと光るであろうオフショルビキニをセレクト、夏らしいトレンド感があって周囲とかぶりにくく、体型カバーもこなせるとあって男性ウケはもちろん、女性からの支持もアツいと言えるでしょう。

【デイジービーチ】2017年トレンド水着はコレ!

[3way]リーフ柄オフショルフリルビキニ/水着【dazzy beach/2017ビキニ】

 

[3way]リーフ柄オフショルフリルビキニ/水着【dazzy beach/2017ビキニ】

 

※画像をクリック/タップすることで、公式サイトにジャンプできます。

 

(●´3)ひとつの水着で3パターンの着こなしを可能とするオフショルビキニですね。ストラップの脱着によっても、スタイルを可変させることが可能な1着になります。デザイン的にはちょっとヒラヒラしてるけど、甘すぎないオトナの女性の装いといった雰囲気で、決して子供っぽくならないのがイイですよね。

【デイジービーチ】のオフショルビキニを徹底解剖

【2017】ビキニ水着をレビュー:水着パッケージ

 

 

(●´3)ビキニ水着が収められているのは、こちらのビニールのパッケージですね。ジップ式になっていて持ち運びも容易。海やプールに出かける際も、このままバッグにinできるのも魅力です。サイズ的には横幅がおよそ33〜34cm、縦幅がおよそ29cm、厚みはおよそ7cm(水着収納時)でしょうか。かさばるような大きな荷持にはならないはずです。通気性はあまり期待できないと思うため、水に濡れた使用後のビキニを長時間、収納しないほうが懸命ですね。変色や色移りの一因にもなります。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:お色はネイビー、サイズS

 

 

(●´3)トップはボタニカルなリーフ柄、アンダーのショーツはシンプル路線で濃紺を採用しております。結果として上半身であるトップを軽やかに華やがせ動的に、下半身であるショーツは重たいカラーリングの効果で、落ち着き払った女性を演出、さらには全体のデザイン性を引き締めるのに一役買っているでしょうか。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:トップを広げるとこんな感じ

 

 

(●´3)羽ばたく極楽鳥のごとく。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:トップのヒラヒラをめくるとブラ部分

 

 

(●´3)下着のブラのようにホックなどは付いておりません。着用時は頭からかぶるか、足から通すか、どちらにせよスポン!と身体を通過させるイメージでしょうか。

 

 

(●´3)こちらはトップの後ろ部分、いわゆるバックフロントですね。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:トップにはカップが内蔵されています。

 

 

(●´3)ヌーブラなしでもある程度は盛れそうな感じですけど、小胸さんは内蔵カップを土台に、さらなるボリュームアップを目指してみても良いかも。

 

 

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:ビキニのショルダーストラップは脱着が可能

 

 

(●´3)3wayな着こなしには欠かせないストラップですが、取り外しが可能となっています。脱着部分を拡大するとこのような仕組みになっています。金属部分の先端は返しがついていますので、そんな簡単には外れない仕様となっています。トップ自体も作り(サイズ感)が、ややタイトな印象を受けますし、しっかりと上半身をホールドしてくると思うので、商品ページのモデルさん同様、ストラップのないバンドゥな着こなしも全然オッケーです。ポロリしたらどうしよう!?という一抹の不安も案外、杞憂に終わるカモ。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:アンダーショーツはネイビー

 

 

(●´3)動きのある軽快なトップを輝かせるためか、土台であるショーツは濃紺+ワンポイント柄なデザインに終始しています。一見地味ではありますが、すべては上半身をフォーカスさせるためと言えるでしょう。

 

 

(●´3)お尻側であるバックフロントもご覧のとおり、ワンカラーで統一されています。

 

 

(●´3)アップにするとこのような質感です。少しでも生地の雰囲気が伝わればよいのですが。

 

 

(●´3)こちらは裏側です。ひっくり返すとこのような感じです。

 

 

(●´3)こちらもショーツの裏側ですが、お尻があたる部分ですね。

 

 

(●´3)おまた部分にはシールが貼られております。衛生面での配慮というやつでしょうか。別売りではありますが、インナーショーツをさらに履きこむことで、着用時のフィット感が高まりそうですね。もちろん、ダイレクトの着用で勝負することも十分に可能です。

 

【2017】ビキニ水着をレビュー:サイズやフィット感は?

 

 

※画像をクリック/タップすることで、公式サイトにジャンプできます。

 

掲載水着のサイズ:Sサイズ
商品名:[3way]リーフ柄オフショルフリルビキニ/水着【dazzy beach/2017ビキニ】
色:ネイビー
伸縮性:ストレッチが利いているというわけではないため、×△○◎のいずれかで表すのであれば「○」に落ち着くかもしれませんね。特に上半身を支えるトップは肩ストラップがなくても、状態をキープできるようになのか、ちょっとタイトな作りになっているように感じられます。そのため、ブラの伸縮性は人によっては「△」に感じる場合もあるでしょうか。

 

 

 

【モテ水着2017】3パターンの着こなしが可能なオフショルビキニを人気通販で買ってみた!まとめ

 

(●´3)いかがでしたでしょうか?デイジービーチ(dazzy beach)のモテ水着レビュー。海水浴でもプールでも、はたまた南国リゾートが舞台でも、夏を満喫するための勝負ビキニの数々が、多数ラインナップされております。これだ!というキラービキニを探し出すための参考になれば幸いです。

 

2017水着特集


スポンサードリンク

【モテ水着2017】3パターンの着こなしが可能なオフショルビキニを人気通販で買ってみた!関連ページ

【2017年モテ水着】大粒ビジュー&大理石柄のビキニ激安通販
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
【2017年ハデ水着】ビビットなネオンカラービキニでバストも盛れちゃう!
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
【2017年大胆水着】ブラックとストリングで、ウエストにくびれをもたらしたいビキニ
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
【2017年花柄水着】チュアンピサマイ風、ピュアな女子を演出ビキニ
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
フラワー柄の三角ビキニ!ショーツサイドで素肌をチラ見せ大胆デザイン
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
ヘソピアスもバッチリ決まる!パームツリー柄ビキニ通販激安
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
【2017年水着】夏空にマッチするフリンジビキニ!ピンクorブルー
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。
お肌の露出をコントロール可能な攻守一体型4点セットビキニは幸運のパームツリー柄
( 'A`)タイトル通りですけどビキニやワンピースなどレディース水着をメインに男性用や大きいサイズなどを扱ったスイムウェアを徹底比較。