クラブドレス通販

クラブドレス通販まとめ、銀座・高級ホステス編

MENU

スポンサードリンク

銀座クラブホステスとお客様をつなぐ「携帯電話」

銀座クラブホステスとお客様をつなぐ「携帯電話」

 

( 'A`)スマートフォンやガラケーの2台持ちも珍しくない、昨今のモバイルシーンですが、銀座のクラブでなくとも他者とのコミュニケーションツールとして、黒電話の時代から受け継がれてきた通話という手段。最近ではそこに活字文化が踊るメールや、LINEなどの無料通話アプリが台頭しているわよね。銀座クラブの募集要項なんかに目を通していると、お店によっては営業電話などのノルマが課せられないところも増えていますけど、何だかんだで1台は所持しておき、それを維持していくのが夜の世界を渡り歩くための処世術のひとつでしょうか。

 

銀座のクラブに限らずですけど、電話番号をコロコロと変えている女性というのは、やっぱり信用されないというか、せっかくこちらから電話したのに「お客様がおかけになった電話番号は...」と感情の欠片もないアナウンスで言われても...という感じですよね。請求された利用料金を踏み倒しているとか、家賃の滞納が続いてコソコソと逃げまわっているような、外面ばかり良いような女性というのは、気に入らない人脈を電話番号を変えることでブロックするなど、自分にとって都合の良い行動ばかりが散見されがちだったりするのよね。

 

自分とお客様をつなぐ大切な「携帯電話」。今では無くてはならない存在ですが、携帯電話のなかった銀座ではどんなやり取りが行われていたのか、気になるところですが、最初は自分の名前と顔が一致してもらえるよう努力、そして携帯電話の番号も覚えてもらえるとありがたいですよね。いつまで経っても電話番号が変わらないというのは、お店で言えば代々続く老舗のようなもの、安心と信頼のブランドでもあり、決して一方通行ではない、相互通行な関係を築ける証とも言えるでしょう。

 

そのため、銀座の、そして夜の世界で長く太く活躍している女性というのは、一貫して同じ電話番号を使い続けている場合が多いかもしれないわよね。コツはメールアドレスであればシンプルで覚えやすいもの、電話番号では語呂合わせやゾロ番がインパクトありますよね。最近ではいくらかお金を支払えば、下4桁を空き番から選べたりもするので、新規での契約を検討しているのであれば、そこら辺にも気をかけて投資してみても、いいかもですね。

 

ある日ふと着信があり、電話に出てみると懐かしいお客さんの声「まだ同じ番号使ってたんだね~w」というエピソードも夜の世界では、けっこうあるあるかも。


スポンサードリンク

\安くてもお高く見える!/
ザンギー映えする勝負ドレス

銀座クラブホステスとお客様をつなぐ「携帯電話」関連ページ

銀座クラブホステスの基本アイテムは「ペン」と「手帖」
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介
1枚持ってるだけで「やっぱり女性だよな~!」とオトコは感心する「ハンカチ」
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介
銀座クラブ、男と女の名刺交換
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介
銀座のクラブホステスはブレスケアも怠らない「ガム・のど飴」
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介
銀座のクラブはライターよりもマッチが主流?
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介
銀座のクラブホステスは女医さんでもある?あると嬉しい「お薬セット」
( 'A`)激安から高級まで、ドレス・スーツの衣装通販をご紹介