クラブドレス通販

クラブドレス通販まとめ、銀座・高級ホステス編

MENU

スポンサードリンク

銀座・高級クラブの接客と心得

銀座・高級クラブの接客と心得

 

( 'A`)覚えることはたくさん!

スポンサードリンク

\安くてもお高く見える!/
ザンギー映えする勝負ドレス

銀座・高級クラブの接客と心得記事一覧

どこの業界にもタブーってありますよね。芸能界は闇が多いと言われておりますが、簡単なところでは番組のスポンサーを批判したりして干されたり、何らかの大きな団体に触れてしまったが故に、レギュラーを降板させられたり。そういったテレビ業界をはじめ、パチンコ、ゲーム、声優、音楽業界などなど、○○業界とひと括りにされるような場合は、手を出してはいけない聖域というものが、少なからず存在していると言えるかしらね。老...

相手のパンチをまともにガードするのではなく、華麗に受け流したり、スウェーでかわす。闘い方としては立派な戦術ですが、これは格闘技だけでなくテーブルというリングの上でも十分に通用するテクニックのひとつではないでしょうか。銀座という場所柄、土地柄、高級を謳い、座っただけでウン万円という、べらぼうな世界であっても足繁く通ってくれるお客様というのは非常にありがたく、そして遊び方を熟知した紳士である場合が多い...

銀座の一等地に君臨する高級クラブ、六本木でも赤坂でもなく、銀座というこの街にこだわりとプライドを高く持ち、夜な夜な一生懸命に働く女性たち。彼女たちはキャストと呼ばれ、高給取りや一流の女性という肩書を持つことになるわけですが、一流か二流かを隔てるボーダーラインは、お客様への気遣いが問われることって多いですよね。ホステスは気遣いが命とは誰が言った言葉か分かりませんが、確かに仰る通りかもしれません。こん...

銀座の高級クラブを訪れるお客様のバックグラウンドは十人十色、夢見る男性たちのおもてなしをするキャストたちの心模様も、これまた十人十色。浮き沈みの激しい水商売ゆえに、客足は常に安定というわけにもいかず、閑散としたボウズな日は気分もブルー。逆に太公望のごとく、釣果に恵まれ有頂天に至れば、喜色満面といったところでしょうか。今宵はどんな色の夜を迎えるのか?

動画共有サイト・YouTubeで、銀座を舞台にしたドキュメンタリー映像を拝見していたんですけど、「お!」と思えるような「ご挨拶」の場面に遭遇できましたので、皆様と情報を共有したいと思います。私はキャバ嬢とか密着した番組が好きなんですよね。最近はそういった番組もめっきり減ってしまい残念な限りです。番組自体はかなり昔に放送したもの。もしかしたら、オンエアがあったのは90年代後半か、それとも2000年代...

仕立ての良いスーツに袖を通し、輝く腕時計、ピカピカの靴。貫禄があったり、気持ちに余裕があるような振る舞いだったりと、銀座を訪れる男性客たちは、絵に描いたよう成功者の場合もあり人物像も様々ですが、美し女性たちを目の前にすると、皆一様にデレデレとしてしまうのは、万国共通でしょうか。ちょっとばかし、お酒が進んでくると、男性たちの手は、こまめに水滴を拭ったグラスではなく、隣の女性たちに伸びてしまうのはよく...

【銀座の高級クラブ】メガネの着用はNGですか?

知的でインテリ、何となく賢そうにも見えてしまうのが、メガネをアクセサリーと捉えた場合の効果でしょうか。美人すぎる女性がメガネをかけると服装にもよりますが、エロ教師みたくなってしまう恐れもあり、男性陣はドキドキしてしまうものでしょうか。流石にそこまでいくとコスプレの領域ですが、メガネが女性を美しく魅せるアイテムだなんて意外なお話ですよね。普段からメガネを常用する女性がキャスト一度でも見たことがあるで...

大昔から男性たちがお遊びする場所といえば、吉原と相場が決まっていたりするものですが、古い言い方をすれば遊郭といったところでしょうか。なかでもステータスの高い遊女を花魁(おいらん)と呼んだわけですが、大阪の高級クラブ街である北新地では、毎年節分のシーズンともなると、「オバケ」と称したイベントが開かれるそうです。女性キャストたちは、こぞって仮装に扮するわけですが、なかでも花魁コスプレがいちばん人気のよ...

お客様から、お名刺を頂戴する機会って多いですよね。働き始めたばかりで右も左も分からない、借りてきた猫の時代は、名刺を交換する余裕なんてまったくありませんけど、銀座の水に慣れてくると、こちらからも名刺を渡したいという気持ちがフツフツと湧いてくるものでしょうか。名刺を渡すタイミング自分の名前と顔を覚えてもらうのは、プロとして生きる者であれば至上命題のひとつですが、いつ、どんな時に手渡すのが、いちばんス...

夕方から宵の口にかけてが、銀座のオンナたちの出勤時間。お客様の来店が確実など、確約が取れているときは、足取りも軽く「今夜も頑張るぞ~!」となるものですが、お店に入ったまではよかったけど、今日は何の音沙汰もなく聞こえてくるのは閑古鳥の鳴き声ばかり、なんて日もあるますよね。そんな時は、時間を持て余すのも実にもったいないので、スキマ時間を使って顧客管理を行ってみてはいかがでしょうか?こればっかりは、自分...

借金。あまりよい響きではありませんよね。お金は天下の回り物などと大昔から言われておりますが、ドラマやマンガなどでも、お金をテーマにした作品は多く、金、かね、カネ!な日々を送る人も、この世の中には少なからず存在しているものでしょうか。そりゃ、確かにお金がないと生活は成り立ちませんし、クラブやキャバクラの経営者だって、毎晩寝る前に電卓でも叩かないと、枕を高くして眠りにつくことは出来ないかもしれません。...

政治、宗教、野球、この3つは銀座でも銀座でなくとも、夜の世界ではご法度とされる話題ですよね。お客様からお話をされる分には一向に構いませんが、キャストから率先するのは、控えた方が無難といえるでしょう。ただ、お互い気心がわかっているなら話は別です。なかにはスポーツ好きの女性と野球やサッカーのお話がしたいという男性も、たくさんいらっしゃいますので、そういった場合は、贔屓のチームや選手を把握したうえで、上...

キャバクラなや高級クラブなど、大人の社交場において、野球・政治・宗教の3つは、むかしからご法度とされてきましたが、キャスト自身がやってはならないタブーが実は他にもあります。遅刻や無断欠勤がダメなのは社会に出て働く身として当然ですが、お店を通さずにお客様から金品を頂戴する「裏引き」は、少々厄介と言えるでしょう。キャストは男性が差し出した対価がすべて自分の懐に収まりますし、男性はお店にいる時よりも少な...

最初はすべてが新鮮で、何をやっても楽しかったのに、物事に慣れてくる頃には、ちょっと先が想像できてしまったりと、言い方を変えればマンネリ感を抱いてしまうことってありますよね。これは、付き合い始めたばかりの男女にも言えることですが、年月の経過と共にふたりの間柄は密になるけど、同時に鮮度が失われていくものでしょうか。これをキャストとお客様の関係性に置き換えてみても、カチッと音を立ててピタリと当てはまるか...

若い盛りの女性には、まだまだ無縁のお話かもしれませんが、年齢を重ねていくと、子供の頃に大人たちが言っていたことを、だんだんと身を持って実感出来るようになってしまうものです。「ドコドコが痛いから明日は雨だね」(神経痛)「ほら、誰だっけ?あの番組によく出てる人で~」(顔は浮かんでるけど肝心の名前が出てこない)などなど、特に後者のド忘れとでも言うべきでしょうか、記憶力の低下には困ったものです。そのくせ、...

夜の世界では、いくつかのタブーがあるのは、以前にも紹介したかと思います。繰り返しになりますが、一例を挙げるなら「政治、宗教、野球」ですね。もちろん例外はありますが、お互いに意見を戦わせやすい内容やカラーを多分に含んでいるため、口角泡を飛ばしたり、丁々発止とやり合う可能性も否定できないからです。争いごとは避けたいのが本音ですね。ほかにもタブーとまでは行きませんが、現実から離れて非日常を味わい、同時に...

髪を切ったのに彼氏がその変化に気づいてくれなくてケンカ。些細な事を理由とした男女の言い争いはよくあるお話かもしれませんが、おもてなしを信条とするキャストとして働くのであれば、お客様の変化にも気が付いてあげなければいけません。それがお客様と懇意にさせて頂くだけでなく、長いお付き合いをするための秘訣とも言えるでしょう。ヒントは間違い探し?わずかな滞在時間でも、会話だって二言三言しか交わさなかったとして...

元来、女性はおしゃべりな生き物である。男性であれば誰もがそう思っているかもしれません。でも、それが接客となると、どうでしょうか?普段、女性同士ではペラペラとおしゃべりが出来ても、お仕事の場面ではなかなか思うように事が運びません。他者が介在する難しさというやつでしょうか。お相手は男性であり、お客様であり、おもてなしを必要としており、何かしらの充足を求めており、さらにお酒が入っており…と、挙げれば枚挙...

真っ白な被毛を持つ水面の女王「白鳥」。非常に優雅な姿を見せては、わたくしたちを楽しませてくれる水鳥ですが、外見は美しくてもなかなか覗くことの出来ない水面下においては、必死にバタ足を漕ぎまくっているわけで、裏側の苦労というものを汲み取れるかもしれません。銀座を生業とする夜のスワンこと、女性キャストたちも、特長やセンス、経験といった何かしらのキラリと光る武器をお持ちだとは思いますが、今回は誰でも影の努...

暑いだけの夏場が過ぎ去れば、待ったなしにやって来るのは秋、カーディガンの季節だと喜んでいたのも束の間、気温はグングンと下がり、冷え性の方にはお辛い時期となることでしょう。どちらかといえば女性のイメージも強い冷え性ですが、最近では男性のお客様のなかにも増えてきたように思えます。胸元やフトモモあたりに伸びてきた魔手を、えいや!と掴んだまでは良かったけど、あまりに冷たくてビックリした経験のあるキャストの...

子供の頃、ランドセルにお守りをぶら下げていた同級生、いませんでしたか?もしくは自分自身がそんな子どもだったでしょうか?交通安全のお守り、安産、家内安全、五穀豊穣、学業成就、恋愛成就、出世、昇進、昇格と、お守りといいましてもいろいろな種類が存在しており、老若男世に通ずるご利益があるのかもしれません。誰かにお話を聞いてもらいたい時誰かにお話を聞いてもらいたい時、誰かに報告したい内容がある。そんな時、彼...

大昔からある業界用語の一つ「ザンギーでシースー」。銀座でお寿司という意味ですが、この街にはいろいろな飲食店が点在しておりまして、夜遅くまで営業されていると、アフターに使われたりする事もあるでしょうか。個人的にはお茶漬けの専門店は一時期ハマってしまいましたね。温かくて日本らしさのある食事って何だかホッとしますよね。アフターは情報収集のチャンスシャンパンで膨れ上がったお腹に、お寿司などを詰め込むのは時...

夜の帳が下りたら銀座の時間、オトナの社交場がOPENとなるため、この街では夕刻あたりがもうひとつの「通勤ラッシュ」と言えるかもしれませんね。そうはいっても経験のあるキャストであれば、プライベートな時間をかなぐり捨てて、仕事に明け暮れている場合もあるため、昼でも夜でも常に臨戦態勢ということも、間々あるでしょうか。お客様と行動を共にしていると、当然お遊びの場がお店だけでなくなりますよね。閉店後のアフタ...

夜の世界でナンバーワンに登りつめるのは、誰もが振り返る美人ではなく、「気配り上手な人」と言われることも多いように感じますが、バブルの象徴として捉えられてきた銀座界隈ではどうでしょうか?飲食ができるお店では、大概どこに行ってもお水が提供されるのが一般的ですが、あらかじめ決められたお水を出しているだけでは、気配りが出来ているとは言い切れない場合があるようです。お水は氷入り喫茶店にしろ、ファミレスにしろ...

限られたメンツ、限られた空間、こういった状況が整うと、時と場合によっては、空前の悪口大会がはじまってしまう!かもしれません。ありませんか?気がついたらどこかの誰かの悪口を言い合う暴露大会になっていた...という事態。お客様が上司の悪口や同僚、部下の悪口を言う。これはまだ許されてしまう部分があると思いますが、キャストがこれに乗っかり、輪をかけているようでは、そのツケが巡り巡って自分自身に跳ね返って来...

銀座という独特の文化が介在するこの街にやって来られるお客様の大半が、何かしらお酒を嗜まれるのではないでしょうか。そんな時に是非とも交わしたい会話といえば、意外にもお酒のお話かもしれません。散々、飲み倒した後ではなく、飲みはじめの段階でスタートするのが会話の入り口になりますが、スッと入っていけるのが、この話題におけるポイントでしょうか。お酒にまつわるエトセトラお酒をグイグイと飲んでいくと、一体どのよ...

飲めないよりは飲めたほうが断然イイのが夜の世界におけるお酒。グラスを傾けるお客様だって、一緒にお酒を飲みたいというのが本音かもしれませんよね。お店の形態によってもマチマチかもしれませんが、キャバクラなどに代表されるのがセット料金です。これさえ支払えば基本的には飲み放題という場合もあるため、何か特別なことでも無い限りは、ボトルをオーダーしてもらえる可能性は低いでしょうか。キャストのお誕生日、ママのお...

女を磨きたい、海外旅行に生きたい、留学費用がほしい、お気に入りのブランド品が大好き、夜の世界で生きていきたい、銀座のクラブの門をたたく女性は人それぞれにいろいろな事情を抱えていると思います。欲を満たすため、生活の水準を上げたい、理由はなんでも大いに結構です。向上心がある女性や、確固たる目標を持つ女性は、ちょっとやそっとの流れに翻弄されることもなく、水商売という独特の垢にも染まりにくいかもしれません...

自分の収入に必ずしも直結するわけではないヘルプ。早く自分の係を持てるようになりたいと日夜、努力を重ねていると、いつもヘルプで着いているお客様からアフターに誘われることがあると思います。お店が閉店した後、もしくはお客様のお仕事がお休みである土日祝日など、チャンスはいつも突然にやって来ます。もちろんお断りするという選択肢もあるなかでOKを出した場合、帰りのタクシー代などと称してチップを頂戴することもあ...

お客様のいる席に着いてから本格的に接客スタート!と思われがちですが、皆さん意外と気を抜いているのが着席後よりも離席時だと思います。それまでは完璧な接客スキルを披露していたのに、最後の締めの部分で残念な部分を露呈してしまっているケースが少なからずあるように思えます。微々たるものですが、その小さな積み重ねが今後を左右するかもしれませんよ。アイドルのトレーニング風景ステージに立つ彼女たちは衆人環視のなか...

【キャストのお悩み】ネット掲示板に悪口を書き込まれた際の対処方法とは?

キャバクラで働いていると避けては通れない障害、それがネット掲示板による悪口や叩き行為です。知名度が上がるほど、それに比例して掲示板の悪口や叩き行為は拡がっていきます。キャバ嬢の仕事をしている人の中でも、多くの人がネット掲示板での悪口に頭を悩ませている過去を持っているようです。有る事も無い事も書かれてしまうので気持ちのいいものではありません。今回はネット掲示板に悪口を書き込まれた際の対処法を紹介して...

【銀座の高級クラブ】黒いストッキングはNG?

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか?今回は、銀座の高級クラブではたらくホステスは、どんなストッキングを履くべきなのか?基本となる足元の衣装選びについて解説していきたいと思います。