クラブドレス通販

クラブドレス通販まとめ、銀座・高級ホステス編

MENU

スポンサードリンク

銀座のクラブとは?

銀座のクラブとは?

 

( 'A`)ザンギーのクラブといえば敷居が高いイメージよね。

スポンサードリンク

\安くてもお高く見える!/
ザンギー映えする勝負ドレス

銀座のクラブとは?記事一覧

「ザンギーでシースー」、「銀座に着ていく服がない」などなど、庶民の憧れの土地として、むかしから前述のような代名詞も、廃れることなく根強く使われているわけですが、男性の憧れにして、ステータスのような位置づけとしての銀座とくれば、それは間違いなく銀座の高級クラブ街ということになるかしらん。キャバクラやスナックとは一線を画する銀座のクラブといえば、お着物に身を包み、髪型は夜会巻き、そんな艶っぽいママとキ...

銀座に位置する高級クラブ。女性がこういった場所の門をたたくには、それなりの理由があってのことですが、夢を実現させるための軍資金であったり、学生のアルバイトであったりと、何らかの明確な目標や確固たる意志も持って、夜の世界に飛び込んでくる女性は多いものです。それに、そういったWILLなマインドを持つ女性ほど面接でも採用されやすい傾向にあるとは、よく聞いたりするわね。華やかな銀座という街に興味はあっても...

大遊戯場歌舞伎町な新宿でも、若者が集う渋谷でも、夜な夜な芸能人が出没しそうな六本木でなく、銀座という舞台を選ぶには、それ相応の理由というものを抱えてのことだろうと思いますけど、この街で働くうえで、やっぱり気になるところは、時給がいくらぐらいもらえるのかという、いわゆる相場というやつよね。トップランカーや上級キャストと、入りたてのペーパーとでは、発生する時給、もらえる金額にそれなりの格差が生まれるの...

銀座にある夜のお店をすべてクラブと思っている人は多いかもしれませんが、繁華街にキャバクラやミニクラブなど、多種多様なスタイルのお店が軒を連ねているのと同様に、銀座にもそれなりのジャンルというものが確立されているんです。よく聞かれるのが「ニュークラブ」。銀座という街はキャバクラをキャバクラとは呼ばずに、ニュークラブといった呼び方で捉えるという独自の世界を持っています。所変われば名称もガラリと異なるも...

場末のスナックだろうが、有名なママがいるような銀座の高級クラブだろうが、社員ではなく例えアルバイトであっても仕事は仕事、やっぱり履歴書は必要?それが夜の世界、水商売でも就職活動に用いるような履歴書が求められるのか?月の代わりにネオンが輝くような街で働こうという場合、こういった疑問が真っ先に思い浮かんだりするものよね。銀座のクラブの門を叩いた場合、当然のように面接を通過する必要があります。それでも企...

いくつになっても笑顔を輝かせる女性、そして働く女性の姿というのは活き活きとしていて、じつに美しいものです。そんな女性たちと会いたくて、足繁く夜のお店に足を伸ばすという男性も多いことかしらね。銀座のクラブに限らず、キャバクラでもラウンジでもスナックにおいても、女性キャストの盛んな年齢層といえば、やはり20~30代でしょうか?お店を切り盛りするママは別として、求人においても応募資格を得られる年齢は18...

夕刻が迫る銀座のデパート、陽が暮れ始めた時間帯の激戦区といえば、ブランド品が居並ぶ婦人服売り場?それとも生鮮食品がズラリ!な人気のデパ地下でしょうか?正解は意外や意外、女子トイレなんです。現在はどうか分かりませんが、これから夜のお仕事に向かおうかという銀座のオネエサマ方が、鏡の前に向かってヘアスタイルを整えるべく、悪戦苦闘しているなんて光景、昔はよく見かけたものです。銀座にはいわゆる「銀座の髪」と...

サッカー日本代表では、絶対的なエース格のスタメン選手と、ベンチを温める控え選手とが存在していますが、彼らを隔てるボーダーラインは、いったいどこにあるのでしょうか?試合に出ている選手は、決定力があったり、ドリブルが上手だったりと、人に「これだ!」と思わせるような、他の人にはない武器を持ち、一芸に秀でている場合が多いのかもしれません。夜の銀座、そして美しきオンナの園にして、どれだけ男を虜に出来るかとい...

大小さまざまなお店が軒を連ねる銀座のクラブでは、基本的には一見さんお断りという場合が多いでしょうかね。夜の帳がおりれば、つかの間の休息を得るため、美しい女性とグラスを傾けながらの会話を楽しむため、そして淡い夢を見るため、今宵も男性客が足を運ぶオトナの社交場は、どんな嬌声が飛び交うのでしょうか。そんな男性陣を出迎えてくれるのが、クラブで働く女性キャストになるわけですが、業界未経験者であったり、なかな...

水商売の女性に対して「アレ?もしかして犬飼ってる?」とかテキトーに言ったところで「えーー!なんで分かるんですかー!?」とか驚かれることも多いんですよね。向こうからしたらなんで分かったのか、なぜ見抜かれたのか、う~んと小首をかしげるばかりかもしれませんが、こちらからしたら当てずっぽうなんですよね。理由としては単純にホステスをしている女性は、ワンちゃんと一緒に暮らしていることが、往々にして多いからです...

眠らない銀座のオンナたち、クラブホステスのタイムスケジュールとは?

都心になればなるほど、都会に近づけば近づくほどに、月が爛々と輝きを放つ深夜であろうと、日中はおおくの人々が雑踏を行き交う繁華街でもそれなりに人気はあり、見渡せばすぐにでも24時間営業のお店を見つけることができるわよね。なんでも揃うコンビニから、人間模様の密度が濃いまんが喫茶、深夜料金が発生するファミレス、お腹が空いたらお手軽なファストフードなどなど、何かに枯渇したコンクリートジャングルで、オアシス...

飲んでナンボ、キャバクラやクラブなど、水商売ではそういった見方が非常に強いでしょうか。お客様が入れてくださったボトルを一緒に乾杯するわけですから、お酒が飲めないよりは、飲める女性のほうが圧倒的に有利であることには違いありませんよね。ただ、お酒が飲めないからと言って問答無用で門前払いされるほど厳しいわけではありません。アルコールがムリと判明した時点で、面接の担当官の表情は曇りだすかもしれませんが、お...

アイツらはいつも突然にやって来るものよね。姿も形も色も匂いもないアイツらは、いつだって唐突に降りかかってくるものだから、ホント困っちゃうわよね。アイツって誰よ?と言われればそれは「トラブル」ってやつなのよね。それが来るまでは何事もうまく行っていたはずなのに、途端に置かれた状況がめまぐるしく一変することも珍しくはないのかもだわね。お金、人間関係、派閥、接客、お酒、儚さと、軽く数えただけでもこれだけの...

新宿や渋谷は若者の街らしきギャル路線、六本木はどちらかといえばモデルさんや女子アナ風、そして都会のど真ん中を満喫できるオトナの街であるザンギーこと銀座は、タレントでいえば壇蜜さんのような和風な女性キャストが多いのかしらね。アフターのお誘いそれでも、どこの歓楽街を拠点にして働こうとも、常連のお客さんと親密になり、お互い顔なじみの間柄ともなれば、仕事の延長線上でのお誘いも増える頃ではないでしょうか。店...

銀座の街を支配する夜空の下には、いくつものネオンが輝いているものですが、銀座に位置する夜のお店の数は、およそ2,000店舗ともいわれており、誰もが周知の有名な老舗から、名物ママのいるところ、そして新進気鋭の看板を掲げるお店まで、それこそ星の数ほどのお店が稼働しているのよね。銀座といえば高級クラブ、高級クラブがある場所といえば、渋谷でも六本木でも西麻布でもなく銀座といったように、キャストがひとり座っ...

水商売の代表格でもあるキャバクラ、銀座の地ではニュークラブといった言い方もしますが、大小の規模を問わず繁華街と呼ばれる場所には、必ずと言っていいほど存在する夜のお店ですよね。ここでは、指名を数多く稼いでナンボの世界、逆を言えばお店を訪れるお客様も、その時の気分で気に入ったキャストを手当たり次第に指名できるわけなのよね。対して銀座の高級クラブ、はたまた一部のホストクラブなどではよく聞かれるのが「永久...

毎年、夏になると多くの若者たちや、家族連れで賑わいを見せる全国各地のビーチ。太陽が盛んに燃え上がる7~8月は、お盆や夏休みということもあり、海水浴場にとっては最も稼ぎ時で、とても忙しいシーズンだと思うのよね。最近、そういったビーチでは、場所にもよりますが年々、規制が厳しくなっていることをご存知かしらん?それはタトゥーや刺青を露出する行為なのよね。日本だと、イコールとして反社会勢力のシンボルだったり...

ザンギーのクラブでなくとも、上位ランカーと呼ばれるナンバー嬢ともなると、あらゆる情報に対してアンテナを張っていて、普段から経済新聞など一般紙を複数紙、定期購読している、なんてお話を小耳に挟むことってありますよね。お客様によっては趣味も興味の対象もまるで変わりますので、どんな会話が放り込まれても、うまく返せるように勉強は欠かさずにおきたいところですが、キャストだからといって必ずしも経済新聞を必読、必...

お店に勢い良く入ってきたかと思えば、おもむろにマイクを握り、十八番をリクエスト。そんな忙しないお客様は、さすがに銀座の街にはいないとは思いますけど、クラブに限らず、ニュークラブやスナックなどなど、夜のお店でのカラオケは定番の余興ですよね。クラブやキャバクラなどの門をたたく上で、心配事に挙げられることも多いのが、実は「カラオケ」だったりするんです。理由としては本人が認めるほどの歌唱力の低さにはじまり...

銀座の街に染まる頃、空を見上げれば、いつだって月夜の晩ではないでしょうか。お店では嬌声に沸きかえる時もあれば、雲行きの怪しい閑古鳥が鳴く日もあるし、お客様を相手とする水商売の難しいところでもあるけど、そういったハードルを乗り越えた時の喜びもまた、銀座仕事の醍醐味だったりするかしらね。クラブで働き始めたばかりの頃は、何をどうして良いのかもよく分からず、失敗続き。借りてきた猫のように、大人しくしていた...

「笑う門には福来る」。昔からそんなことわざもございますが、笑顔の人、ブスッとしてしかめっ面の人、どちらの人がよく見られるかといえば、言うまでもなく一目瞭然というやつでしょうか。人に道を聞くにも、誰もが前者を頼ろうとすると思いますが、いつもニコニコと笑顔を絶やさないことは、競争の激しい銀座の世界を生き抜くうえでも、重要なスキルになると言えるでしょう。常に笑顔とひと口に言っても、イメージがわかない?T...

涙が女の武器であるならば、顔は女の命、そして女性の象徴でもある、ツヤツヤとした長く美しい髪も同様でしょうか。思わず触りたくなる髪、そんなキャッチコピーもあったように思えますが、毎日のセットが欠かせないヘアスタイルってすごく重要なのよね。いわゆる銀座の髪にセットしてもらうのが、高級クラブが軒を連ねるこの世界での常識。出勤前となる夕方頃からどこの美容院も混雑するものですが、ママクラスともなれば、あの独...

午前様でのご帰宅、そのままダラダラと過ごし朝方ご就寝ということもあれば、お湯を張った浴槽にどっぷりと浸かり、1日の疲れを洗い流すなど、キャストのオフは何とも生活感がありますが、お風呂で天井を見上げながら思うことは「あ~明日は何を着よう?」と、今夜の献立をどうしようかと思案に暮れる主婦のごとく、明日着るドレスについて、いろいろと考えを巡らせることもありますよね。自分が輝いてナンボの世界ですけど、お姐...

学生のアルバイトといえば、授業が終わってからの夕方以降が、メインの時間帯。高校生だと職種や働ける時間帯に制限が設けられてしまいますが、大学生ともなれば可能性がグンッと拡がるため、いろいろな人と触れ合うことで経験を積んだり、社会性が養われますよね。就活のシーズンともなれば、今までどのようなキャンパスライフを送ってきたのか、それまでの過ごし方が浮き彫りとなり、周囲との差に驚きを隠せないことも多いでしょ...

夏休みやお盆休みを利用して、海やプールといった水のレジャーに出かけるのは、準備段階からココロが弾んでしまい、ウキウキ(死後?)してしまうものですが、国内の海だろうと海外の南国リゾート地だろうと、1年に数えるほどしかない、実に開放的なイベントですよね。クタクタになった心身も、十分に充足されそうな充電期間といえそうです。真夏の照りつける太陽の下、時間を忘れて遊び倒せば、お肌はこんがりと焼けてしまうこと...