【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

スポンサードリンク




( ‘A`)皆様、ご機嫌いかがでしょうか?クラスメートが全員犯罪者のマンガ「クリミナーレ!」に登場するストーカーの女の子が食べる、市村くんサンドにトッピングされていたものとは!?と、豊かな想像を膨らませるnurupo.netです。モザイクというベールに包まれると、ついつい気になってしまうものですが、ウイニングイレブン2019でも、ひた隠しにされていたリーグライセンスの情報が公式サイトによって明らかとなりました。それでは解禁された情報に迫っていきたいと思います。

【ウイイレ2019】7つのリーグライセンスを搭載

( ‘A`)CLのライセンスを手放した途端に拡充するライセンス群。

ロシア・プレミアリーグ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)かつては何かとお騒がせの本田圭佑や、キャリア晩年のロベルト・カルロスなども在籍したロシアのプレミアリーグ。大方の予想通り、ウイイレ2019にてリーグライセンスが搭載されるだけでなく、今作では独占というおまけ付きのようですね。

プリメーラ・ディビシオン

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)以前から収録されておりましたが、リーグライセンスを搭載した恩恵により、スーペルリーガ・アルヘンティーナの名称が使えたりと、従来よりもリアリティの増したアルゼンチンリーグが楽しめるのカモ。大半の選手フェイスがモブじゃ困るけど。

デンマーク・スーペルリーガ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)過去には日本の守護神である川口能活も在籍したデンマークリーグ。コペンハーゲンが強いみたいだけど、CLとか出ても毎回養分にされているイメージ。でも、バルサやユーベと引き分けたりと侮れない一面も。

プリメイラ・リーガ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)アルゼンチン同様にポルトガルにもリーグライセンス搭載という春が訪れたようです。

ポルティモネンセSCには、ポリバレントではないという理由でW杯メンバー落選となった中島翔哉が在籍してるわけですが、実は同チームには日本とブラジルのクオーター(?)の亀倉龍希という選手もいるんですよね。

ほかにもCSマリティモに東城翔也という選手も在籍しているのですが、こちらはBチームということで、ウイイレ2019には収録されるのか?ちょっと未知数カモ。

ライファイゼン・スーパーリーグ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)永世中立国のスイスリーグ。過去には坊主頭にした中田浩二がバーゼルに移籍、センターバックでプレーしていたでしょうか。その他の有名どころでは、柿谷曜一朗や久保裕也が記憶に新しいですね。

スコティッシュ・プレミアシップ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)中村俊輔がプレーしたセルティックとレンジャーズを2強とするスコティッシュ・プレミアシップ。現在はリーグ6連覇のセルティックが無双しております。

ジュピラー・プロ・リーグ

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに
解説はnurupo.net
( ‘A`)久保裕也と森岡亮太を筆頭に、冨安健洋と豊川雄太など若い日本人選手も散見できるベルギーリーグ。

【ウイイレ2019】リーグライセンスには、まだ隠し玉が?

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

( ‘A`)今回、明らかになった欧州を中心としたリーグライセンス群ですが、実はまだ余力を残しているとかいないとか。残念ながら日本のJリーグは難しいんでしょうけど、今後は欧州以外のフィールドから新たなリーグライセンスの吉報が届けられるのか?それとも従来の「その他ヨーロッパ」に登場してきたクラブチームの所属リーグが、フルライセンスという形でコンプリートされるのでしょうか?

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグの独占で得られるものとは?

( ‘A`)やっぱり、ロシア代表がゴリゴリのフルライセンスになって、スタジアムも収録されるのかしら?

ロシア代表

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

( ‘A`)2017年11月11日にはアルゼンチンと親善試合を行い、0-1のスコアで敗れたようです。メッシやアグエロなどガチメンバーのアルゼンチンは、70%のポゼッションで試合を掌握、スタッツでも圧倒していたようですね。

Alizada Studios / Shutterstock.com

ロシアワールドカップ決勝の舞台はルジニキ・スタジアム

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

( ‘A`)ロシアリーグの2部「FCトルペド・モスクワ」というチームのホームスタジアムのようですね。過去にはUEFAカップやチャンピオンズリーグ決勝にも使用されるなど、それなりに格式のあるスタジアムなのかな。

街道上の怪物「KV-2」

【ウイイレ2019】ロシア・プレミアリーグなど7つの国のリーグライセンスが明らかに

( ‘A`)ロシアの戦車、カーヴェー2。タコの頭のように、こんもりとした独特の旋回砲塔と、それを支える大きな車体が特徴ですね。別名ギガント。

まぁ、なんと言いますか、ロシアワールドカップに大量のゾンビがなだれ込んでくることも十分に予想されますので、徹甲弾をお見舞いするシーンも…。

Meoita / Shutterstock.com

まとめ

( ‘A`)次なるライセンスのネームバリューがロシア・プレミアリーグを上回るか否か。次の一手でウイニングイレブン2019の今後が左右されそうですね。

スポンサードリンク




CTA/コール トゥー アクション

せめて、巨人らしく

( ‘A`)第4の刺客、進撃の陸戦型ヘディンガー「ダビデとゴリアテ」。



裏ワールドクラシックス

( ‘A`)レコバ、リヴァウド、アドリアーノ、破壊力抜群のトリオが雷轟電撃のごとくゴールを量産!「走れ光速のアポカテクイル」。



レフティー限定のヨーロッパクラシックス

( ‘A`)ラウール・ゴンザレスやライアン・ギグス等など、列強ヨーロッパのレフティーだけで構成された「追憶のイーリス」。



レフティーだけが集結した日本代表

( ‘A`)左足にセンスを秘めた日本人選手だけが集う「泡沫のレフティージャパン」。中村俊輔をはじめ、天野純や久保建英といった現役選手だけでなく、鈴木隆行や久保竜彦といったクラシック枠からも多数のレジェンドが参戦しております。