生まれ変わった「ウイニングイレブン」

スポンサードリンク

ワールドクラシックス記事一覧

元ナイジェリア代表、ヌワンコ・カヌのモンタージュ。197センチと2メートル近い長身ながら、足元のテクにも長けた大型ストライカー。U-23日本代表がブラジルを破る金星を挙げたアトランタ五輪ではゴールドメダリストに輝く。後に心臓を患ってしまうが克服しピッチに返り咲く。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はヌラント カルー。正面/[L1] 1/5[R1]▼まゆA:-5/-7B:0/-3▼瞳...

元チリ代表のストライカー、イヴァン・サモラーノ。サラスと組む2トップは「ササコンビ」の異名で知られ、対戦相手に恐れられた。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はサルサーロ。顔の上部/[L1] 4/5[R1]まゆの形状:タイプ8まゆの太さ:0まゆの生え方:タイプ2まゆの濃さ:3まゆの色:ブラック上まぶた:タイプ6下まぶた:タイプ13瞳の大きさ:0目の明るさ:1瞳の色:いちばん左顔の下部...

元日本代表、現旅人の中田英寿のモンタージュ。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前は韮崎 信人。正面/[L1] 1/5[R1]▼まゆA:6/-7B:7/-6▼瞳C:5/-3D:4/-5E:-2/-5F:4/-4G:2/3H:1/1▼鼻I:-4J:-1▼フェイスラインK:2N:-7/3O:-2▼口L:2M:-6/3側面/[L1] 2/5[R1]A:-3B:-2C:-2D:5E:-3/4F...

無造作なロンゲをなびかせ、豪快なゴールシーンを量産するストライカー、ガブリエル・バティストゥータ。むかしは医者を志してたから、本格的にサッカーをはじめたのが人よりも遅かったとか。ウイイレのちょこんと浮かすループシュートは、98W杯の日本戦で決めたバティゴールがモデルになっているのよね。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はバキスタータ。正面/[L1] 1/5[R1]▼まゆA:-1/-...

チャウチャウ犬のような風貌に金髪アフロと、一度見たら忘れないようなビジュアルはインパクト大な元コロンビア代表のカルロス・ヴァルデラマ。プレーの大半はインサイドキックから繰り出される精度の高いパスというスタイルである。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はヴェルドナン。正面/[L1] 1/5[R1]▼まゆA:1/-6B:5/1▼瞳C:-3/-2D:5/-6E:-4/2F:0/-1G:7...

わたくしの年代ではロナウドといえば、クリスティアーノではなくフェノメノの方なわけですよ。はじめの一歩で相手を置き去りにする脚力はまさにフルスロットル。当たり負けなどしない屈強で強靭なフィジカルと、南米ならではの足さばき、卓越した個人技でゴールを量産。全盛期の彼を擁したチームなら、用意する戦術は「ロナウド」で十分であろう。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はロメイダ。正面/[L1] ...

元ブラジル代表のロベルト・カルロス。日本ではロベカルの愛称でもおなじだが、ピッチでは俊足を飛ばして左サイドを疾走、フリーキックでは自慢の左足がうなりをあげる豪脚の持ち主である。ちなみにサッカーゲームは難しいから、やらないとか。WE2014内の所属は、ワールドクラシックスで名前はロドリコ カーチス。正面/[L1] 1/5[R1]▼まゆA:-1/-3B:7/-5▼瞳C:5/7D:1/1E:-1/5F:...

元ブラジル代表のロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリア。身長が170前後とサッカー選手としては小柄ながら、高い決定力で全盛期は不動のブラジル代表として君臨。練習をサボり、規律を乱したかと思えば、公の場で固有名詞を挙げては批判するなどブラジルを代表する悪童としても有名。ただ、国内でのカリスマ性は凄まじく、ロマーリオを代表に呼ばなかったとして、代表監督がファンにボコられたりしたことも。引退後はブラジルで下院...

スポンサードリンク

page top