生まれ変わった「ウイニングイレブン」

スポンサードリンク

【ウイイレ2014】ガンバ大阪のインポートデータ

 

( 'A`)アーセナルのベンゲル監督のように、西野監督の長期政権でチームは強豪クラブに成長。

遠藤や二川といった中心選手の活躍もあり、チームはタイトルを獲得し、
クラブW杯ではマンUとバカ試合を演じるなど、爪あとを残す。

 

PASリーグの「ヤライデッカ」を書き換えた内容となっています。
※同データは、2ちゃんねる上にアップされていたものです。

 

ユニフォーム

 

▼1ST

 

 

▼2ND

 

 

▼GK

 

 

選手

 

▼二川孝広

 

 

( 'A`)寡黙な天才と称されるが、実はムッツリスケベではないのかと邪推。

 

▼加地亮

 

 

( 'A`)ジーコジャパン時代は不動の右サイドバックでしたね。

ドイツ戦ではシャツを引きちぎられ、セクシー加地に。

 

▼遠藤保仁

 

 

( 'A`)シドニー五輪はメンバー漏れ、2002年W杯も落選、2006年W杯はベンチを温め出番なし。

ボールをワンタッチで捌く、球離れのよさでチーム全体のテンポを創造していた男は、
いつの間にやらボールを持つ選手へとスタイルを変遷させ、
今ではボールをキープすることでチームを落ち着かせる
日本代表の心臓と呼ばれるまでの存在に。
黄金世代と呼ばれた同年代は、次々に代表を離れる中で
唯一、生き残る遠藤には、年齢的な体力の衰えを指摘する声もあるが
後半、頭からの投入という新たな起用法が当たり、ジョーカーとしての活躍も期待できる。

 

▼宇佐美貴史

 

 

( 'A`)プラチナ世代の筆頭として期待値だけは誰よりも高い宇佐美。

ドイツでは実力の片鱗を見せるゴールも挙げたが、古巣であるガンバに戻り、
次なる移籍先を模索するのか、それとも国内でプレーを続けるのか。

 

▼ダウンロード

 

 


スポンサードリンク

page top