キャバドレス 激安 大阪

大阪・高級クラブ/キャバクラドレス通販まとめ

MENU

スポンサードリンク

大阪・北新地の高級クラブの接客術

大阪・北新地の高級クラブの接客術

 

( 'A`)お店での接近戦もあれば、店外でのメールやLINEのやり取りなど、キャストのお仕事は山ほどありますよね。

スポンサードリンク

大阪・北新地の高級クラブの接客術記事一覧

仕事上の悩みや不満、上司からの叱責、同僚や部下とうまくコミュニケーションが取れない、周りの友達はみんな結婚して週末は遊ぶ相手がいない、などなど、日頃から仕事やブライベートが主な理由となり、悶々としたフラストレーションを潜在的に抱えている男性は意外と多いものです。対人関係の悩みはキャストにもあり、お店のスタッフにだって当然あるでしょう。人が生きていく中で、避けては通れない道なのです。誰だって一度ぐら...

10代から飲む・打つ・買うをしてきたとある男性にキャバクラの魅力は?と訪ねてみたところ「何を言っても面白いと言われる」、「何をしてもカッコいいと言われる」といった返答でした。やっぱりキャバクラやクラブという存在は、男性にとっては無条件でモテる場所であり、気持よくお遊びが出来る空間ということにもなるのでしょうか。そうすると、男性客をお出迎えするだけでなく、おもてなしを施す女性キャストは、お店では楽し...

毎日が嬌声に沸き返るような宴の席なんて、せいぜいバブルの時代までかもしれません。今ではネオン眩しい繁華街に位置する夜の世界にも、世間同様に不景気の風が当たり前のように吹いています。おまけに鳴くのは閑古鳥とかいう珍獣でしょうか。お店自体には、お客様がそれなりに来ている。たいへん喜ばしい状況ですが、自分が抱えているお客様が最近ご無沙汰...キャストなら一度は経験するシチュエーションですね。お客様に聞い...

高級クラブが軒を連ねる大阪・北新地。繁華街としては西の横綱クラスを自負しても構わない、とてもきらびやかな土地ですよね。盆暮れ正月をはじめ、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどは、クタクタになった心身を癒やすための大切なオアシスなわけですが、オトナたちの余暇は実に短いものです。上手に羽を伸ばせる人もいれば、ただただ時間を浪費してしまうという方もいらっしゃるでしょう。そんなタイミングでキャストから...

最近のキャバ嬢は売れっ子ともなると、メディアに取り上げられる機会も増え、有名キャストの仲間入りを果たしては、業界の枠を飛び越えた人気者となるのも珍しいことではありません。自身のファッションブランドを立ち上げ、実業家に成り上がる女性も出てくるなど、キャバ嬢のポジションも数十年前とはちょっと毛色が変わってきたようです。それでも大昔から変わらないのは、売れる女性にはそれなりに理由があり、その逆もしかりと...

夜の世界にしばらく身を置いていると、何だかんだで染まってくるといいますか、同時にいろいろなスキルが身について来ますよね。ご挨拶にはじまり、座り方や水割りの作り方、今までは使わなかったスラングを覚えたりと。夜のお仕事は親には内緒、彼氏にもナイショというキャストは案外、多いものですが、彼バレだけはどうしても避けたいという女性は多いことでしょう。特に昼職を持つダブルワーカーさんほど、その傾向にあるかもし...

東の大遊戯場といえば、誰もが憧れる日本の首都・東京なわけですが、そんな東の横綱に対して関西最大級の都市といえば、やはり大阪ではないでしょうか。東西で何かと比較されることも多いのが東京と大阪ですが、お遊びの定番であるキャバクラやクラブだって、その対象として大いに含まれているはずです。むかし、福岡で月に100万円ぐらい稼ぎだす女性キャストが、都内のお店に移籍するという内容のテレビ番組を観たことがあるの...

お店がそろそろ閉店、そんなときに誘われやすいのが、お客様と食事などに出かけるアフターでしょうか。キャストによっては絶対にアフターしない!と決めている場合もあれば、信用できるお客様であれば...など、人によって身の振り方もさまざまです。その背景には、単純に「面倒くさい」、「時給が発生するわけではない」、「ビールやシャンパンを無理して飲んだあとに、奢りとはいえ食事はもっとキツい」、はたまた「この人ちょ...

イイ女の条件とはなんでしょうか?ひとつにお誘いを受ける、口説かれるという部分があるとわたしは考えます。でも、女性キャストからすると、お店でモテても仕方ない...なんて愚痴をこぼす方もいらっしゃいますが、人気があるのは良いことですし、お声がかかるうちが華かもしれません。キャバ嬢、クラブキャストなんかをやっていると、必ずやって来るのがアフターのお誘い。同伴はいいけどアフターは苦手、怖いと仰る女性も多い...

指名制のキャバクラでも、係を持つクラブでも、初心者マークが付く新人であれば、まずは先輩キャストのお姐さんと一緒の席に付いたりして、補助役であるヘルプに回ることが多いかもしれません。特にキャバクラでは、あちこちから指名が相次ぎ、忙しくテーブルを回るような売れっ子がいれば、その穴埋めとしてヘルプも一緒に立ちまわることになるでしょう。ヘルプの難しいところは、お客様にとって自分は本命の相手ではないというこ...

キャスト、クラブホステス、キャバ嬢などなど、いろいろな呼ばれ方をするきらびやかな夜の蝶たち。こういったちょっと特殊な職業についている女性というのは、毎晩毎晩、同じような質問ばかりをぶつけられて、内心「またかいな」と思うこともしばしばではないでしょうか。でも、そういった耳にタコが出来そうな質問を上手にさばいたり、かわしたりできなければ、一人前の女性キャストとはいえませんよね。夜のお店に足繁く通う男性...

大阪はナンパが多いですか?なんて、たまに聞かれるのですが、都心の繁華街ではどこも同じだと認識しているため、それなりとしか言いようがありません。確かに心斎橋のひっかけ橋界隈や京橋あたりを歩くと、そういった光景をよく見かけますが、特に女性はしつこく感じているゾーンと言えるかもしれません。いつもいつもしつこく口説かれ「またかいな」と思うのは、夜のお店で働く女性キャストも同様で、毎日おんなじような質問を浴...

夢見る夜の世界、世間からは高給のイメージも付きまとうかもしれませんが、売れっ子キャバ嬢ともなると、いったいどれぐらい稼いでいるのか?他人の稼ぎや年収が気になる下世話な人にほど、よく質問されるのではないでしょうか?確かにブレイクすればテレビに出たり雑誌の表紙を飾ったりと、知名度は全国区になることも珍しくはなく、その後は事業家としても成功する人も少なからず存在するので、世間からもそういった視線を向けら...

モテる女性、お店で人気が出る女性は皆さん、ビジュアルに優れている場合が多いですよね。いわゆる「べっぴんさん」というやつです。夜の世界で、ましてや高級と謳われる格式ある敷居をまたげるほどなので、美人であることは当然といえば当然なのですが、それでも突き抜けた存在であるトップランカーや売れっ子となると、その数はひと握りだったりしますよね。同じ美人なのに、抱えているお客さんの数や係、キャバクラでは指名数な...

表面は非常に華やかでキラキラと輝きと色香を放ち、甘い蜜から蜜へと優雅に美しく飛び回る蝶のごとく。まばゆくカラフルなネオンに魅せられた繁華街に位置する、オトナの社交場であるキャバクラやクラブは、一見するとにぎやかでハデな世界かもしれませんし、実際にそのとおりかもしれません。それでも裏側は女性の園らしく、ドロドロとした欲望渦巻く世界でもあり、一般的な男性が想像する女子校とは、まったくもってかけ離れた場...

ここが運命の分かれ道なんて言いますと、いささかオーバーかもしれませんが、時と場合によっては、キャストの方からボトルをお願いすることってありますよね。その要求を呑んでもらえるかどうかで、頂けるお給料の金額にも大きな差がつくことは、誰もが知るところでしょうか。売り上げ最優先、露骨であからさま、媚び媚びなアプローチは、もはやキャストの皮をかぶった押し売りでしかありませんが、TPOさえわきまえれば結果とし...

毎年、節分の季節になりますと、明るく華やかなお着物に袖を通した花魁たちが、大名行列のごとく北新地の街をゾロゾロと練り歩く姿を拝見することができます。彼女たちの正体は、意外にも高級クラブで働くママやキャストだったりするのですが、こういった大型イベントは集客の起爆剤にもつながり、界隈も活気づいたりもするでしょうか。世間の動きに合わせて、毎月何かしらのイベントを組めるのが夜の世界において、ひとつの流れと...

自己紹介。その人の第一印象も左右するご挨拶は、お互いの距離感を縮めるためにも、とても大切な行為といえますが、自分自身をしっかりと覚えてもらうためにも、名刺を手渡すキャストも多いですよね。

「類は友を呼ぶ」。世の中にはこういったことわざがありますが、気の合う者同士が距離を縮めるのは、当然であるといった解釈が成されているわけですが、これは夜の世界においても、十分に通用する事柄かもしれません。もちろん、大阪のキャバクラやクラブでも、この格言に耳を傾け、それを実践しているキャストは、かなりの数いらっしゃるかもしれません。

第一印象がとても大切とされる初対面。銀座でも北新地でも、高級だろうと大衆店であろうと、まずは笑顔を絶やさず明るく元気よくご挨拶。これがしっかりと身に付いていれば、端から爪弾きにされることもないと思いますが、挨拶は学生であろうと社会人であろうと、夜の世界の蝶であろうと、出来て当たり前ですよね。そのため、その後の接客がとても重要視されるのは、誰もが知るところではないでしょうか。独りよがりな接客はダメ外...

ネオンのとばりを求めて、はたまた蝶よ花よと謳われる美しい女性たちに誘われて、非現実的な世界観を構築するキャバクラやクラブへと足を運んでくれるお客様たち。皆様、素直でおおらか、誰もがスマートなお遊びをされるのであれば、おもてなしをする側もそんなに困らないのかもしれませんが、世の中いろいろな人間が介在しており、時と場合によっては、人ではなく「試練」と姿かたちを変えて、我々の目の前に現れるような気がして...

夜の帳が降りれば、店内に明かりを灯すのは、キャバクラやラウンジ、ガールズバー、そして紳士淑女の集うクラブでしょうか。どこのお店でも美しい女性たちがランランと輝きを放っているわけですが、出勤前の時間帯は皆さん、忙しく身支度に時間をかけているのではないでしょうか。盛装に包まれたキャストに囲まれ、お客様たちはお酒を楽しんだり、旬の話題に触れてはコミュニケーションを重ねていくわけですが、ご相伴に預かるキャ...

昼職の方たちがそろそろ帰宅を意識したり、残業に精を出す夕方以降ともなれば、夜のネオンをバックに、まばゆい輝きを放つ女性キャストたちの出勤時間です。お店によっては美容院でのセットを義務付けている場合も珍しくはなく、街全体が忙しく活気づいていることでしょう。お化粧を施し、流れるようなヘアスタイルもバッチリ、素敵なドレスにおそでを通せば、クラブキャストの一丁出来上がり。そういった工程を経て、ようやくお客...

髪は女性の象徴であり、天使の輪っかが浮かぶような光沢のある髪の持ち主は、それだけでも価値があります。クラブやキャバクラの面接でも、確実にプラスの評価となるでしょう。それぐらい、美しい髪には異性を引きつけるだけの魅力がありますし、美人が余計に美人に見えてしまうものです。テレビCMのキャッチコピーではありませんが、「触りたくなる髪」は、すべての女性にとって羨望の的でもありますね。意外と気が付きにくい自...

夜の世界、大阪の街、義理と人情、お金と欲望、いろいろな思惑や感情、それを取り巻く人々と、キャバクラやクラブといった舞台は、実に複雑怪奇な場所です。それゆえ様々な出来事が日々、起きるものですし、そういった人間模様も実に波乱万丈です。意外と些細な出来事が明暗を分けたりするものですが、接客中ほど、それは起きやすいかもしれません。係でも指名客でも、どれだけの顧客を抱えているか?これがキャストにとっては、ひ...

人間をはじめ、わたしたちのココロを癒やしてくれるワンちゃん、猫ちゃんといった動物たちは、喜怒哀楽を持ち、それらの感情を表情や態度に示すことがります。さらに言葉に置き換えることもできるなど、表現方法は多岐に及んでおりますが、なかには知らず知らずのうちに内面が出てしまっていたということもあるでしょう。「顔に書いてある」という言葉もあるように、察しがいい人には簡単に気付かれてしまうものです。自分が普段、...

突然ですが、相手の心理を見透かすのが上手な人って、時々ですがいらっしゃいますよね。「どうして分かるんですか?」と聞いても「顔に書いてあるよ」。的なことを仰っるばかりで、煙に巻かれてしまうわけですが、ただそういう人って勘が働いているというだけでなく、相手のいろいろなところをしっかりと見ている場合も多いといえるでしょう。人間は黙っていても、意外と本音をさらけ出しているそうなんです。建前を前提とする会話...

今宵もはじまる北新地の夜。悲しいかな閑古鳥が威勢よく鳴く日もあれば、美しさを持てあます女性キャストたちの嬌声が聞こえてくる日もあったりと、オトナの社交場の雰囲気というのも季節などにもよって、だいぶ様変わりすると言っても過言ではありません。「良い夜だった」。お客様にそう思って頂けるように、努力を重ねるスタッフも多いのですが、どうしても避けては通れないのがお客様からの”オファー”というやつでしょうか。...

以前、体調を崩し、夏風邪を引いてしまった時がありました。体調管理も仕事のうち、プロ失格の恥ずかしい出来事ですが、幸いにも熱だけはなく、喉の不調にはじまり、せきと鼻水だけで済みました。なんだかんだで1ヶ月ほどズリズリとしてしまい、その間は続けて来たジョギングもすべてお休み。トップフォームを取り戻すのにだいぶ掛かってしまい、人間はこうやって体力を落としていくんだなと実感する経験となりました。

指名ポイント制度のキャバクラでも、係を受け持つクラブでも、お店にお客様を呼べないとお話にならないのが、北新地をはじめとした大阪界隈の夜のお店でしょうか。ケータイメールに、電話に、最近ではLINEと、コミュニケーションツールだけはいくらでも揃っていますので、活用しない手はないですよね。でも、多くのキャストにとっての悩みが、「どんな内容のメールを送れば良いのかわからない」、「メールを送ったけど返事がな...

ちょっとでも人気が出てくると、男性並み、もしくは男性以上にドカンと稼げてしまうのが、キャバクラのスゴイところでしょうか。だからこそ、大金をつかもうと女性たちが水商売の門を叩くわけですが、自分ひとりだけの力で大きく稼ぐのは、やっぱりちょっと厳しいと言えるかもしれません。