小学生女の子服ブランド

子供服通販のよくあるFAQ

子供服通販のよくあるFAQ

 

( 'A`)聞き慣れない用語なんかもよく出てくる子供服通販。

子供服通販のよくあるFAQ記事一覧

アムラー、ハマダー、シノラーと、90年代後半は、こんなワードが流行しましたが、どれもファッションに関する用語かしらん。「アムラー」は当時の女子高生の教祖にしてカリスマ的な人気を誇った安室奈美恵の服装などを真似するギャルのこと。シノラーそこから似たようなワードが広がりはじめ「ハマダー」は、ダウンタウンの浜田雅功が見せるチノパンやデニムをベースに、スウェットやチェックのシャツなど、アメカジ主体の服装を...

(画像:ナルミヤオンライン/ベルトつきドット柄ワンピース)子供服に限ったことではありませんが、すべての女の子向けのファッションシーンでは、かなりの頻度で登場する「Aライン」。主にワンピースやドレスなどでは、よく聞かれる用語かもしれませんね。これは、Tシャツなどと同様に、服を正面から捉えた際にアルファベットのAのようなシルエットに見えることから、そう呼ばれているファッション用語のひとつでしょうか。A...

主に110cm~160cmのジュニアサイズを展開する「by LOVEiT」(バイ ラビット)は、8歳~12歳をターゲット層と捉える子供服ブランドです。「もっとオシャレなカジュアルを!」というコンセプトメッセージを発信しては、ベーシックなリアル・クローズ・スタイルをお届け中でしょうか。オトナ、子供服などを関係なしに「リアル・クローズ」というファッション用語が席巻する昨今ですが、これは単純に現実性のあ...

6年間を過ごした校舎ともお別れ。巣立ちの時を迎える小学校の卒業式。自分の時はどんな感じで卒業証書を受け取ったか覚えていますか?わたしは緊張で頭が真っ白になり、散々練習した受け取り時の所作が、本番でも上手くいったのか?、まったく覚えていません。今となっては卒業アルバムをめくり、当時を懐かしむことで、おぼろげな思い出がよみがえってくる程度でしょうか。毎日、学校へと送り出す子供たちの学年も6年生になると...

お子さんの洋服選び。普段はママが担当しているという家庭も多いのではないでしょうか。家計を預かる主婦としては、イイ物を1円でも安く!が、どこへ行っても合言葉となるのでしょうけど、休日のショッピングモールだとテンションも上がってしまい、ついつい多めに買い込んでしまうこともありますよね。子供服でも自分の服でも、値札を見ずに買えるようになりたいものだわん。男の子よりも精神年齢の高い女の子の場合、小学校5~...

オバ様たちがこぞって黄色い声援を飛ばしていた、空前の韓流ブームも気がつけばひと段落といった感じですが、東方神起など韓流タレントにイケメン男性は多く、現在でも根強いファンを持っているとも言えるでしょうか。韓国発のコンテンツはアイドルやドラマなどに限らず、ここ数年、韓国産のレディースファッションも日本に続々と上陸しています。通販サイトも日本向けに展開されており、発送は韓国からになりますが、日本に居なが...

女性のバッグ同様に、何着あっても困らないのが子供服ですよね。特に兄弟がいる家庭は、貰い物や上の子のお古を着せたりと、やりくりも大変ですが、あまりダルダルの洋服を着せても、いろいろとウワサになってしまいますよね。だからといってゴリゴリのブランド服を着せても何かと角が立つため、子供服であってもホドホドが肝心でしょうか。普段着・登校・保育園・幼稚園向けトレーナーテーマは着回しだけでなく、着倒せそうなヘビ...

カップルや仲の良い夫婦が同じデザインのファッションに身を包むペアルック。時代的には80年代バブル絶頂期とかに流行したオシャレコーデになりますが、流行り廃りのブームがぐるっと1周したのか、再び再燃傾向にあるとか。ペアルックという呼び方がもはや古い?最近ではペアルックとは呼ばずに「リンクコーデ」というのが今風だそうです。思わずペアルックとか言ってしまうと、その人の年齢がバレてしまうという奴ですね。当時...

子供の成績は親の責任です

page top