六本木キャバドレス 通販 激安

六本木のキャバドレス通販で激安といえばこのお店!

MENU

六本木・キャバクラの本音、実際はどんな女の子がほしいのか?

 

( 'A`)どんな内容のお仕事でも、面接はドキドキするものですし、不採用となればそれなりに落ち込みますよね。「後日ご連絡差し上げます」と告げられたまま、何の音沙汰もないこともあれば、「うちのお店には合わないようですので...」と、お店が求めるカラーが違うと、遠回しに不採用を言い渡されたりと、夜の世界だって上に行けば行くほどに狭き門となるのは、業界でも常識と言えるでしょう。

 

東京・六本木といえば、ITビジネスでガッツリと稼ぐヒルズ族をはじめ、有名芸能人、旬のスポーツ選手などが遊びにやってくるイメージもいまだに根強いかもしれませんが、そういった認識は当たらずも遠からずといったところでしょうか。そんな洗練されたオシャレな街で働きたいと、高級と謳われるクラブなどの門を叩いた女性は、それなりにいると思われますが、上述でも述べたとおり、採用基準はそれなりに高い位置に設定されていることもあるため、周囲から美人と言われてきた女性であっても、街を歩けばよくナンパされるような美女であっても、不採用になるのは珍しくはないと言えるでしょう。

 

それがギロッポンという街とである言ってしまえば、それまでかもしれませんが、東京都内のなかでも不採用になる女性が続出するゾーンでもあるわけです。一定の基準をクリアしないことには、体験入店にさえ漕ぎ着けないような女性の戦場でもあるわけです。今回は六本木が求める女性キャストを探ってみました。


【六本木キャバクラ】お店の担当者が求める女性のイメージといえば?

 

  1. 美人でスタイルが良い女性
  2. シフトの融通が聞く女性
  3. ラストまで働いてくれる女性
  4. 努力家で何としても売上を上げようと頑張る女性

 

美人でスタイルが良い女性

 

 

( 'A`)何と言いましょうか、1番は当たり前というか、これが大前提だったりするんですよね。顔面偏差値が高くスタイル抜群、これだけでもどこへ行っても通用すると思うんですよ。その上でいろいろな付加価値が付くことで、ひとりのキャストが出来上がるのではないでしょうか。ただ、ビジュアル面の採用基準はお店によって、だいぶ方針も異なるでしょうし、一概とは言えません。それでも六本木にやって来る男性たちは、モデルさんや芸能人顔負けなキャストを想像していたり期待しているのは、まず間違いないでしょう。期待を裏切らないのもお店の役割でもあるため、面接の合否がどうしても厳しくなるのは当然かもしれませんね。

 

シフトの融通が聞く女性

 

 

( 'A`)男性以上に稼ぎたいのであれば、週に2~3回のシフトというのは、やっぱりちょっと少ないといいますか、出勤回数にやや物足りなさを感じられても仕方ありませんよね。理想やお店の本音としては週5ぐらいかもしれません。今までに億を稼いだレジェンドキャバ嬢は全国に何人かいるでしょうが、彼女たちに共通して言えるのは週5のオーラス出勤は当たり前の絶対的レギュラーであるということでしょうか。ただ、最近は不景気で出勤調整もあったりするお店もあり、なかなかに世知辛い世の中でもあります。

 

ラストまで働いてくれる女性

 

 

( 'A`)キャバクラでの豪快なお遊びのひとつとして、オープンラスト何ていうものがありますが、そういったお客様がいるのであれば当然、閉店まで接客するキャストが必要ですよね。それに週末の時間帯などは、客足がドドッと増えることもありますので、女性が足らなくなってしまうことも。また、ラストまでいるとアフターに誘われやすくなりますので、態度次第ではその後の指名につながることもあったりとなかったりでしょうか。

 

努力家で何としても売上を上げようと頑張る女性

 

 

( 'A`)甘えてられるのは体験入店から1~2ヶ月といった感じでしょうか。その間は高給が保障される場合が多く、車なら初心者マークを携え、自転車なら補助輪がある状態かもしれません。しかし、それらが外れれば大海原に放り出されるわけで、指名や同伴を稼がなくてはなりません。この時、努力しないキャストは当然、悪目立ちするものですし、干される可能性も出てきます。黒服だってお店側だって、頑張ってる女性に稼いでもらいたいものです。

まとめ

 

( 'A`)この世の中にはレースクイーンという職業なんて存在しないと仰る方がいました。理由はあくまで彼女たちはモデルであって、もっと厳密に言えばランクの高いモデルだからだそうです。同じモデルでも格差が付けば、RQになれる女性もいるし、その逆もあるということでしょうか。六本木の高級クラブの門を叩いた女性も、言い方を変えれば美人や美女と言われる存在かもしれませんが、そういった女性たちがたくさん集まれば、格差が生じてランクが付けられるということです。そのため、美人でも採用される女性と不採用に至る美人がいるということでしょうか。

スポンサードリンク