【ウイイレ2018】欅坂46の制服ユニフォーム|サイレントマジョリティー

スポンサードリンク

( ‘A`)大所帯のグループが幅を利かせる”群ドル”戦国時代、群雄割拠なアイドル業界はあの手この手で差別化を図っているようですが、欅坂46はシングルのリリース毎や、紅白や歌謡祭など大きな音楽番組の出演ごとに、彼女たちの衣装である制服に注力しているようです。過去にはジェノサイドを連想させる制服で炎上したこともあったようですが、今回は1stシングル「サイレントマジョリティー」の制服を、ウイイレ的ユニフォーム化を行ってみました。

着用イメージ

( ‘A`)白襟はウイイレにプリインストールされているパターンに頼ったんですけど、カチッとしたデザインがなくてちょっと不満。

( ‘A`)もはや、ただのファン。

( ‘A`)ネイマール:オイ本田!平手 友梨奈を紹介してくれよ!

YouTube

スポンサードリンク

CTA/コール トゥー アクション

せめて、巨人らしく

( ‘A`)第4の刺客、進撃の陸戦型ヘディンガー「ダビデとゴリアテ」。



裏ワールドクラシックス

( ‘A`)レコバ、リヴァウド、アドリアーノ、破壊力抜群のトリオが雷轟電撃のごとくゴールを量産!「走れ光速のアポカテクイル」。



レフティー限定のヨーロッパクラシックス

( ‘A`)ラウール・ゴンザレスやライアン・ギグス等など、列強ヨーロッパのレフティーだけで構成された「追憶のイーリス」。



レフティーだけが集結した日本代表

( ‘A`)左足にセンスを秘めた日本人選手だけが集う「泡沫のレフティージャパン」。中村俊輔をはじめ、天野純や久保建英といった現役選手だけでなく、鈴木隆行や久保竜彦といったクラシック枠からも多数のレジェンドが参戦しております。