サッカー日本代表の新ユニフォーム、2018年モデルはステッチを多用したシンプルデザイン?

スポンサードリンク

( ‘A`)ワールドカップ行きを決めたサッカー日本代表ですが、ロシア大会を目前に控え、試金石となるガチンコ欧州遠征が待ち受けているようです。同代表はフランスを舞台に、11月10日にカナリア軍団ことブラジル代表と、14日にベルギーとの対戦が決まっております。

どちらもロシア大会に出場するチームでもあるため、本番を想定した戦いが期待できそうです。すでに日本代表のメンバーが発表されているものの、大型掲示板・2ちゃんねる改め5ちゃんねるでは、メンバー落ちした香川真司、本田圭佑、岡崎慎司の話題で持ちきりのようです。

特にエースナンバー10を背負う香川に関しては、代表漏れについて記者から訪ねられ「正直このタイミングかな?というのは感じます」というコメントを残したとのことで、”正直このタイミング?”ばかりが恣意的にクローズアップされまくりなようです。事実上の構想外となるのか?ブラジル、ベルギー戦の結果次第では、代表不要論はさらなるヒートアップを迎えそうです。

ワールドカップという大一番を控え、日本代表が衣替え?

Prakarn Eammart / Shutterstock.com

( ‘A`)蒼き衣である戦闘服が刷新されるのは確実ですが、現段階ではまだベールに包まれている状態です。先程の欧州遠征での着用が初のお披露目となるものと考えられますが、一部の海外Webサイトでは新ユニフォームに関するリーク情報と思わしき画像が掲載されているようです。あくまでウワサの段階ではあるものの、個人的には信憑性が高いと見ているのですが、どうなんでしょうか。

あなたはどう評価する?日本代表ユニフォーム2018年モデルのデザイン性

HOME

( ‘A`)前面のステッチパターンに尽きるデザイン性ですよね。ちょっとモンペみたいだな~とか思っちゃうんですけど、選手が袖を通したらそれなりにカッコよく見えるのでしょうか。

HOME/サイドビュー

( ‘A`)パンツとソックスは使いまわしかしら?

YouTube

( ‘A`)八咫烏のエンブレムも刷新される模様です。リーク情報ともエンブレムが一致してるし、やっぱり堅いのかも。

スポンサードリンク

CTA/コール トゥー アクション

せめて、巨人らしく

( ‘A`)第4の刺客、進撃の陸戦型ヘディンガー「ダビデとゴリアテ」。



裏ワールドクラシックス

( ‘A`)レコバ、リヴァウド、アドリアーノ、破壊力抜群のトリオが雷轟電撃のごとくゴールを量産!「走れ光速のアポカテクイル」。



レフティー限定のヨーロッパクラシックス

( ‘A`)ラウール・ゴンザレスやライアン・ギグス等など、列強ヨーロッパのレフティーだけで構成された「追憶のイーリス」。



レフティーだけが集結した日本代表

( ‘A`)左足にセンスを秘めた日本人選手だけが集う「泡沫のレフティージャパン」。中村俊輔をはじめ、天野純や久保建英といった現役選手だけでなく、鈴木隆行や久保竜彦といったクラシック枠からも多数のレジェンドが参戦しております。