ウイイレ2015 エディット 攻略

【WE】ウイニングイレブン2015 Amazon(アマゾン)激安通販サイト

MENU

スポンサードリンク

【WE2015】ヨーロッパ代表チームのインポートデータ

 

( 'A`)欧州ナショナルチーム。

スポンサードリンク

【WE2015】ヨーロッパ代表チームのインポートデータ記事一覧

鮮やかで明るいグリーンを主体とするユニフォームといえば、アイルランド代表なインポートデータです。EURO2016予選はグループD、世界最強のドイツと同じ組となり、ほかにも曲者ぞろいと、苦戦は必至かしらん。ドイツポーランドスコットランドグルジアジブラルタル ▼1st/2nd▼3rd白×グリーン×白をサード扱いに。▼GK▼チームの顔ロビー・キーンはまだまだ健在。▼ダウンロード

海外発のデータを日本向けに変換したイスラエル代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

サッカーの母なる大地、イングランドのインポートデータです。伝統的な白×紺×白は、いつしかモデルチェンジを敢行してか、1stユニフォームはオールホワイトに。現行モデルのアウェーユニフォームは、赤×白×赤の組み合わせが正規と思われますが、過去の装いを見れば、全身を赤で包むオールレッドも存在しているため、同データでは、赤×赤×赤を3rd扱いにしています。▼1st/2nd▼3rd▼ゴールキーパー▼ダウンロ...

銀河系軍団の一員であるベイル効果で、俄然注目を浴びるだけでなく、ウイイレでも使用するプレイヤーが増えたかもしれない、ウェールズ代表のインポートデータです。▼1st/2ndネームフォントや背番号フォントは適当です。▼GKゴールキーパーに関しても上と同じ。▼ダウンロード

ウクライナ代表のインポートデータ。▼1st/2nd▼ダウンロード

オーストリア代表のインポートデータです。1st、2ndのほかに、赤×黒×赤の3rdを追加してます。▼1st/2nd▼3rd▼GK▼ダウンロード

海外発のデータを日本向けに変換した北アイルランド代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

西村主審をどう思っているのか、クロアチア代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼3rdソックス白Ver.をサード扱いに。▼GK▼ダウンロード

修正点を施したクロアチア代表のインポートデータ第2弾。胸番号を囲む「□」の位置がどうにもズレていたのを修正しました。また、GKユニフォームをパープルからグリーンに変更しています。▼修正版▼GK▼ダウンロード

2014年ブラジルワールドカップでは、好チームのひとつだったスイス代表のインポートデータです。ユニフォームは4パターン仕込んでみました。監督には新任であるヴラディミル・ペトコヴィッチの画像を使用しています。▼1st/2nd▼3rd/4th▼リアルプリセットな選手たちウイイレ2015のスイス代表の面々はプリセット!前作では残念フェイスだった、EXILEのHIRO似なリカルド・ロドリゲスもご覧のとおり...

スイス代表のインポートデータ第二弾!内容に大きな変遷はありませんが、ゴールキーパーユニフォームを、ブラック(ダークグレー?)から、目立ってナンボな蛍光イエローに、ギニュー特戦隊のボディチェンジの如くチェンジ。そして以前から気になっていたエンブレムにかぶってしまうパンツ番号を、思い切って右足側から、左足側にこれまたチェンジ!モヤモヤは、幾分かスッキリしたかもしれません。▼イメージ▼ダウンロード

GKのユニフォームをブラックから、ダークグレーに変更したことで、より一層、リアルユニフォームに近づいたスイス代表のインポートデータです。▼イメージ▼ダウンロード

イブラヒモビッチも躍動しそうなスウェーデン代表のインポートデータです。トップスの襟元に位置するアディダスのマークがちょっと微妙なんですけど、それを除いてはまずまずの仕上がりと言えそうです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

スコットランド代表のインポートデータです。EURO2016予選は激戦のグループDと、苦戦は必至でしょうか。ドイツポーランドアイルランドグルジアジブラルタル ▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

スロバキア代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

スロベニア代表のインポートデータです。2002年の日韓W杯には出場していましたね。当時は天才肌のエースであるズラトコ・ザホヴィッチが監督と衝突して帰国させられるなど、チームが空中分解の憂き目に遭ってしまったと記憶してるかも。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

コソボ問題で揺れるセルビア代表のインポートデータです。アルバニアとの試合ではドローンが投入されるわ、観客が乱入するわで、依然として火種がくすぶっているのでしょうか。▼1st/2ndセカンドユニフォームの数字の色についてですが、写真によっては、ゴールド系の時もあれば、赤色の時もあったりで、曖昧な部分もあるようですが、今回のインポートデータでは、後者の赤を採用しました。▼GK▼ダウンロード

トルコ代表のインポートデータです。基本の1st、2ndに加えて、白×赤×白を3rd扱いとしています。▼1st/2nd▼3rd▼GK▼ダウンロード

ウイイレ2015ではライセンス消失に伴い、偽名&偽ユニフォームなチェコ代表のインポートデータです。ユニフォームはもちろん、選手名はリネーム済み、ロシツキーやツェフなどは、偽名選手をベースコピーして、書き換えています。▼1st/2nd▼GKゴールキーパーはオレンジVer.のユニフォーム。▼ダウンロード

ラウドルップ兄弟や守護神のピーター・シュマイケルなど、数々のレジェンドプレイヤーを輩出するデンマーク代表のインポートデータです。激闘のEURO2016予選はグループIに所属。ポルトガルセルビアアルメニアアルバニア ▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

デンマーク代表のインポートデータ第2弾。主な内容はVer.1をベースに、赤×赤×赤の組み合わせをサード扱いにした点になります。▼3rd▼イメージ▼ダウンロード

かつてはトーレ・アンドレ・フローや、カリューといった、長身フォワードを擁するチームだったノルウェー代表のインポートデータです。90年代後半はハイタワー目掛けてロングボールを集中的に放り込むスタイルで、サッカー王国の名をほしいままにしていたカナリアを2度も鳴(泣)かせたのよね。最近では15歳の新星、MFマルティン・エーデゴーアに、サッカーファンたちの耳目が集まっているようです。EURO2016予選は...

ハンガリー代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

フィンランド代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

ブルガリア代表のインポートデータです。ユニフォームは、白×グリーン×赤を1stに、赤×白×白を2ndに、そして赤×グリーン×赤の組み合わせを3rdにしています。▼1st/2nd▼3rd▼GK▼ダウンロード

近年、著しい急成長を遂げるベルギー代表のインポートデータです。背中の襟元に国旗があしらわれているんですけど、ユニフォームネームとかぶってしまい、そこが残念なポイントといえそうですが、全体的には高いクオリティに仕上がっていると思います。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

レヴァンドフスキをエースとするポーランド代表のインポートデータです。ユニフォームの組み合わせいろいろで4パターンの彩りが楽しめます。▼1st/2nd▼3rd/4th▼GK▼ダウンロード

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のインポートデータです。EURO2016予選はグループB。イスラエルウェールズキプロスベルギーアンドラ▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のインポートデータです。ゴールキーパーのユニフォームを赤×紺に差し替えたVer.になります。▼GK▼ダウンロード

海外発のデータを日本向けに変換したモンテネグロ代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード

ルーマニア代表のインポートデータです。90年代は黄金の左足を持つゲオルゲ・ハジ、以降はアドリアン・ムトゥといった個の力で膠着した状況を打開できるタレントが輝きを放っていましたが、最近はどうなのでしょうか?EURO2016予選では、北アイルランドハンガリーフィンランドフェロー諸島ギリシャといった国々と同居。組み合わせには恵まれた感もあるので、本大会への切符をもぎ取る可能性も十分にありそうですね。▼1...

2018年のワールドカップではホスト国を務めるロシア代表のインポートデータです。▼1st/2nd▼GK▼ダウンロード