スポンサードリンク

ウイニングイレブン2012 ブンデス

ウイニングイレブン2012(以下WE2012)のパッケージに起用されている日本代表の香川(ドルトムント)を筆頭に内田(シャルケ04)、岡崎(シュトゥットガルト)、長谷部(ヴォルフスブルク)、細貝(アウクスブルク)、槙野(ケルン)、宇佐美(バイエルン)など、多くの日本人選手が在籍するドイツのブンデスリーガ。

 

ヨーロッパの主要リーグの中で最も多くの日本人選手を見ることができるため、ブンデスリーガは日本でもおなじみの存在だ。

 

WE2012でもそんなブンデスリーガを使いたいところだが、ライセンスなどオトナの事情が働いているため、収録されているのは以下の2チームのみにとどまっている。

ウイニングイレブン2012 ブンデス記事一覧

バイエルン・ミュンヘン

バイエルン・ミュンヘンブンデスリーガのギャラクティコにして同リーグ最強のチーム。日本ではプラチナ世代の筆頭である宇佐美が所属するほか、リベリ(フランス代表)、ロッベン(オランダ代表)など、錚々たる顔ぶれが集う。

≫続きを読む

レバークーゼン

レバークーゼン実名での登場はウイニングイレブンシリーズ史上では初。ドイツの皇帝、バラックなどが所属している。

≫続きを読む

スポンサードリンク