デッドネイション攻略

【PS3】デッドネーション攻略

MENU

スポンサードリンク

 

( 'A`)有志による翻訳です。

機械翻訳では決して敵わない臨場感のある気の利いた翻訳が楽しめます。


スポンサードリンク

デッドネーションの翻訳記事一覧

アウトブレイクから一年以上が過ぎた。それは私から愛する人全てを奪っていった。咬まれた人間は奴らの仲間になってしまう。だが私は違った。なぜ自分が特別なのか、そんなことは知らないしどうでもよかった。ただ死んでなお歩き回らずに済むのがありがたいというだけだった。だが生きたまま食われる苦痛を味わうのはごめんだ。その時のために、私は噛んで飲み込めばすぐに逝けるカプセルを用意していた。食料と水がとうとう底を付...

一人また一人とと奴らを葬っていくうち、一種の満足感が私を襲った。おそらくそれは・・・正義感に近かったと思う。永遠とも思えるほどの長い間、私は車を走らせ続けた。ある時点で―なんとはなしに―私はラジオを付けてみたのだった。通信を聞いたのはその時だ。メッセージのようだったが、微弱すぎて聞き取ることができない。車のスピードを落とそうとしたらブレーキが故障していた。ゾンビを大勢轢き殺したせいに違いない。ちゃ...

署内はひどい有り様だった。最後まで立て籠もって戦った人間がいたらしい。一人の警官を見つけた。彼にはもう無線機は必要なかった。雑音の中から、もう少しで一言か二言聞き取れそうだった。もう少しで。もっと高台に上らなければならない。その道中、公園を散策することになった。

その高層ビル群は、かつてはその目の届くところ全てを見守りながら、天高く堂々とそびえ立っていた。だが骨組みを内から溶かし、基礎を根こそぎ引き裂く炎には、彼らもついに膝を折らざるを得ない。まだ手付かずのその一つにも、業火はすぐそこにまで手を伸ばしていた。急がなければ。

ついに通信が聞き取れた。自動メッセージで、緊急チャンネルを使い、コンタクトを取るよう生存者に促していた。私は自分の名前と居場所を呼びかけ続けた。必死に願いながら何時間も。ついに応答があった。Dr.「はじめまして、Mr. McReady。どうやら君は感染していないようだね?ありえないと言う者さえいるほどの非常に貴重な状態だよ。感謝したまえ。私の名はDr. Mordon。職場はEgogate製薬、聞い...

病院の前で、私はDr. Mordonに連絡を入れた。McReady「聞きたいことがある。あんたの3倍のガタイ、手の代わりにナタ、岩のように硬い皮膚のバケモノだがあれは?」Dr.「答えられない。政府はウイルスの流行と戦うために生物兵器実験を立ち上げたが、その全てに内々関わっていたわけではないのでね。」McReady「危うく八つ裂きにされかけた。」Dr.「とにかく、組織のサンプルを持ってくるんだ。話な...

2、3の死体が転がっていたものの、この場所がいつからか放棄されていたことは間違いない。私はカルテを漁ってみた。あった。Douglas Bane。到着時すでに死亡。死因不明。遺体は検死解剖を待たず、National Biohazard Containment Unit(国家生物災害封じ込め部隊)の指示によりGrimlake墓地、サイト3Bへ移送。

墓を掘り返し始めたところで、私は遺体がまだ使える状態であるよう願ったことを覚えている。だが疑うべきは、連中がPatient Zeroを埋めたままにしているだろうかということだった。遺体は移動させられていた。その跡は線路へと伸びている。これを辿って行かなければならない。

運搬車を見つけたが、肝心の積荷は列車へと移されていた。二時間ほど線路を行くと、大破した列車が見えた。事故の原因など知る由もない。Baneの遺体も見当たらなかった。唯一考えられる行き先は近くの港だ。一隻くらいは船が無傷で残っているかもしれない。

運搬車は消えていた。だがどの船の自動応答機も、中継先は港湾当局になっていた。最後の通信記録には、軍に徴用された一隻の船のことが詳しく記されていた。向かった先は北のRaven's Field空港。まともな船は残っていなかったので、唯一の選択肢は・・・・・・ハイウェイを行くことだった。ひどい有り様で、追突した車の列がどこまでも続いていたが、徒歩でならなんとか通れるはずだ。なんとも長い散歩になるだろう。

軍が何を計画していたにしろ、それは中途で終わっていた。コンテナも漏出。ついにサンプルが手に入った。さらに燃料満載の脱出手段も。軍は核を使った滅菌作戦を計画していたのだ。弾頭の起爆準備は整っていたので、私はボタンを叩いた・・・。私は長い時間飛び続けた。地上の様子はどこも同じ、死の世界だった。隔絶された地下壕ほど響きのいい場所はないように思われた。何時間もの飛行の後、ようやくEgogateの施設へ到着...

Dr. Mordonは研究員に合図し、私を案内させた。一個のバイオコンテナの中へと・・・。それはPatient Zeroが入っていたものとよく似ていた。博士は私のDNAとPatient Zeroのそれを結合させる方法を見つけたと言う。私は治療法の生きた源となるのだと。思うにこれが彼らお得意の殺し文句だったのだろう。治療法は存在しなかった。私は先人たちと同じく生物兵器になるのだ。ウイルスに免疫を持ち...